スバル人気SUVのリアルな雪国性能は? 山形縦断200kmツアー体験!

179 Shares

 

1972年に国産初の乗用4WDを発売して以来、約50年もの間、四駆に情熱を注ぎ続けてきたスバル。

そんなスバルが開催する雪上試乗会は、リアルワールドにこだわっているため、一般公道での試乗が常らしい。

今回は、スバルが誇る人気SUV「XV」と「フォレスター」を乗り継いで、山形〜酒田までの200kmの道のり(ほぼ雪道)を1日で走破するというから、クルマの性能よりもこちらの体力が心配になってしまいます。笑

雪の山形200kmツアーを敢行!

地図を見るだけで壮絶な1日が容易に想像できますが、時間内に到着さえすれば、途中で観光したり温泉に入ってもOK!とのこと。せっかくの山形取材です。旅キブンで行くことにしましょう。

 

XVのe-BOXERで、山形市内から元気に北上!

まず最初の旅のお供は、2018年末に登場したばかりの「e-BOXER」を搭載する「XV Advance」。

フォレスターのe-BOXER仕様には乗ったことがあったのですが、それよりも全体的にキビキビ走る印象。山形市街を抜けるまでは渋滞もありストップ&ゴーが多かったのですが、重さを感じることもなくスムーズに加速してくれます。

朝7時半。酒田を目指して、XVで山形を出発。この日は前夜に降った雪の影響もあり路面はシャーベット状。写真は前方を走る他メディアのXV(ノーマルエンジン車)をパチリ。ボクらが乗ったのはe-BOXERのXV Advance。
コックピットは男らしく質実剛健なつくり。ハンドルを握るだけでレーシーなキブンにさせられます。

雪深くなってきても、とにかく軽快。ハイブリッド車って燃費重視なものだと思いがちですが、スバルのe-BOXER(マイルドハイブリッド)は特に走りに振ったものだと再認識。

いつモーターによる補助が行われたのか気づかないほど違和感のない加速を見せてくれて、さらに電子制御AWDシステムの恩恵もあり、雪道でも元気かつ安心して走り続けられました。

除雪車の脇を抜ける場面もしばしば。雪国では当たり前だけど、非常にありがたい光景。朝からご苦労さまです。
クルマ旅に音楽は必須。car playを装備しているのもiPhone派には嬉しいところ。
6:4分割式のセカンドシートを倒せば、フルフラットになるラゲッジも嬉しい。2人くらいのキャンプ道具なら十分に積載可能なジャストなサイズ感。
大正ロマンな街並みが楽しめる「銀山温泉」に立ち寄ってはみたが、お風呂は断念。雪に覆われたノスタルジックな街並みを背に、中継地点へと急ぐ。
辺り一面真っ白で不安が募るなか巨大コケシを発見。すこしだけキブンがほっこり。
2時間半のドライブの末、ようやく中継地点の肘折温泉 寿屋さんへ。ここで名物の板そばをいただき、フォレスターに乗り換える。
出発の前に、温泉街の中心にある共同浴場「上ノ湯」で体を温めた。大人250円、子供100円。

 

次ページはフォレスターで雪道100km走行!

  • スバル人気SUVのリアルな雪国性能は? 山形縦断200kmツアー体験!
  • スバル人気SUVのリアルな雪国性能は? 山形縦断200kmツアー体験!
  • スバル人気SUVのリアルな雪国性能は? 山形縦断200kmツアー体験!
  • スバル人気SUVのリアルな雪国性能は? 山形縦断200kmツアー体験!
  • スバル人気SUVのリアルな雪国性能は? 山形縦断200kmツアー体験!
  • スバル人気SUVのリアルな雪国性能は? 山形縦断200kmツアー体験!
  • スバル人気SUVのリアルな雪国性能は? 山形縦断200kmツアー体験!
  • スバル人気SUVのリアルな雪国性能は? 山形縦断200kmツアー体験!
  • スバル人気SUVのリアルな雪国性能は? 山形縦断200kmツアー体験!
  • スバル人気SUVのリアルな雪国性能は? 山形縦断200kmツアー体験!
  • スバル人気SUVのリアルな雪国性能は? 山形縦断200kmツアー体験!
12 >
Tags

179 Shares

RANKING

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

SNAP

ARCHIVE

GO OUT ONLINE

RECOMMENDED ITEM

MAGAZINE

BESSの家〜お宅訪問編〜
電子書籍の購入はこちら
大人の宝物 ペルル