ルックスも機能も“ワイルド”なクーラー「WYLD GEAR」が、日本初上陸!!

pr
ルックスも機能も“ワイルド”なクーラー「WYLD GEAR」が、日本初上陸!!

キャンプサイトで映えるタフなルックスと、ロングステイにも対応する圧倒的な保冷力を有するアメリカ生まれのハードクーラーが日本デビュー。ガレージやテラスでも存在感あるプロダクトなので、キャンパーならずとも要注目!!

アウトドアの聖地キャスパー生まれの新鋭ブランド「WYLD GEAR(ワイルドギア)」。

イエローストーンやグランドティトンなどの国立公園を有するアウトドアの聖地、ワイオミング州のキャスパーで、2017年に誕生した新鋭アウトドアブランド。冒険家の旅を長続きさせることをコンセプトに、大自然の過酷な状況に耐えうる、タフでワイルドなクーラーボックスやドリンクウエアを展開している。

食材や飲み物をセパレートして保冷する、デュアルコンパートメント構造が画期的!!

HARD COOLER 50Q 各¥59400

最長7日間持続する保冷力を備える「ワイルドギア」のハードクーラー。しかし、その魅力は保冷力だけにあらず。50Qと75Qは、例えば1日目と2日目の食材をセパレートして保冷できるデュアルコンパートメントの断熱技術を採用。

また、悪路でも牽引しやすい大径ウィールと脱着式ハンドルを搭載するなど、サバイバルシーンでの長期使用まで想定したタフな機能面も追求している。

重い荷物を収納した状態でも、砂利道や砂浜でスムーズに牽引できる大径ウィール。無骨なルックスにもマッチしている。
こちらが特許を取得した独自の断熱技術、デュアルコンパートメント構造。食材の用途や種類で使い分けたり、食材とドリンクを分割して収納したりすることで、長期間の保冷が可能に。上部に市販のエアーポンプを取り付けできる専用パーツを備えるので、釣りのときに片方に魚を入れる使い方もあり。
ボトム部分には2段階式の排水口を完備。シーンに合わせて素早く水抜きできる。
両サイドにセットされたハンドルは取り外し可能。別売りのロッドホルダーを装着できるため、釣りシーンでも重宝。
パックロットポートにはカギを装着できるので防犯面もばっちり。

タフネスボディの3サイズ設定。

HARD COOLER 25Q 各¥35200、50Q 各¥59400、75Q ¥79200

ワイルドギアのハードクーラーは、25クォート(約23.5L)、50クォート(約43L)、75クォート(約70L)の3サイズ展開。

もっとも小型の25クォートのモデルは、2Lペットボトルが縦に6本入るサイズ感なので、デイキャンプやソロキャンプに最適。そして、最大サイズの75クォートは、25クォートと50クォートを一体化した大型モデルだ。

ファミリーキャンプや大人数のキャンプイベントで重宝するが、こちらもデュアルコンパートメント構造となっているため、アイデア次第でさまざまな使い方ができそう。

 

イチ押しはアメリカンな3カラー!

カラーリングは、オトコ心を刺激するフォレストカモ、プレイリーカモ、ホワイト&グレーなどを展開。さらに、本国で展開している全14色という豊富なカラバリが今後導入予定というところも魅力のひとつだ。

ベーシックなワントーンのハードクーラーが主流のなか、まわりと差をつけられるワイルドなルックスは、テントサイトのアクセントとしても重宝しそうだ。

  • Photo/Shouta Kikuchi
  • Text/Masatsugu Kuwabara

 (問)ウエニ貿易 tel:03-5815-5722 https://wyldgear.jp Instagram@wyldgear.japan

 

Tags

オススメアイテム

RANKING

SNAP

MEMBERS

GO OUT ID GO OUT IDとは?

WEBニュースのメールマガジン登録はこちら

STORE

RECOMMENDED ITEM

MAGAZINE

BESSの家〜お宅訪問編〜
電子書籍の購入はこちら
thegoout