おうち時間が盛り上がる!子どもと楽しく遊べるログハウス。【BESSの家・お宅訪問編 vol.35】

Akihiro Takeji
pr
おうち時間が盛り上がる!子どもと楽しく遊べるログハウス。【BESSの家・お宅訪問編 vol.35】
Table Of Contents : 目次

キャンプ行こうよって誘われたら、ウチでできるよって返事しちゃいます!

趣味のサーフィンに行くときは愛車のエスクードで。

— 住んでみていかがですか?

正直、悪いところが見つかりません。もともと多趣味な方なので、結婚する以前は家には寝に帰るだけって感じでした。でも今は家で楽しめることが格段に増えた。やりたいのにやっちゃダメっていうのがないのがいいですね。

— BESSの家のいいところは?

友だちが遊びに行きたいって言ってくれるのが何より嬉しいです。

学生時代のように仲間内でワイワイやるのが楽しかった。そんな感覚を思い起こさせるタマリバになってますね。

キッチン横の一角はななかちゃんの遊び場。

— 楽しい庭があるので、子ども連れで遊びに来たい人も多そうですね。

子どもには家に籠るより外で遊ぶような元気な子に育ってほしい。そんな願いを込めて作った甲斐がありましたね。

住宅街ではないけど、目の前が農家の方で野菜をおすそ分けしてくれたり、同年代の子どもがフラッと庭で遊んでいたり、この家にしたからこそ叶ったライフスタイルだと思います。

— 逆に、暮らしていてイマイチだなと思った点はありますか?

メンテナンスが大変と聞いてましたが、去年ウッドデッキの塗装をやったときは思ったほどじゃないなと感じました。でも外壁のメンテナンスは大変そうだなぁ。

妻は予想以上に虫が多いのがちょっと苦手みたいです。かと言ってこれだけ緑豊かな場所だと、仕方ないですよね。(笑)

遊具で遊ぶお子さんを眺めながら、ウッドデッキでコーヒータイムなんてことも! ちなみにデッキの柵もD.I.Y.だとか。

— では、この家の一番のお気に入りは?

(ご主人)やっぱりお庭は自慢できる場所です。あと、友人を呼んでウッドデッキでBBQをやるんですけど、ワイワイやってる姿を眺めながらコーヒーを淹れる時間が好きです。

(奥さま)子どもが庭で遊んでいる姿を見るのが好きです。最近はなんでも口に入れちゃうので目が離せません!

レイアウト自由なスケルトンプランが魅力のワンダーボイド。道端さんは個室のほか、オープンスペースを書斎に、そしてプロジェクターを取り付けてプライベート映画館に!

— 最後に、BESSの家でこれから叶えてみたいことはありますか?

(ご主人)もうちょっと子どもが大きくなったら庭にテント貼って泊まるのも楽しそう。友だちが遊びに来てそのままキャンプするのも絶対に楽しいよね。

(奥さま)このお家で色々遊びたいですね。結婚と家の購入、そして出産・育児がいっぺんに来たので、慌ただしい生活をしていたのですがやっと落ち着いてきて、今からちょっとずつやりたいことができるのかな。ななかと一緒に早く料理できる日が来るといいなぁ。

 

暮らしの逸品。

①D.I.Y.に使っている工具

マキタのインパクトや丸ノコなど。「必要なものと思っていたのですが、買うにしても高いのでけっこう迷っていたんです。大工さんに差し入れついでに相談したりして、背中を押してもらいました」

② オリーブの木

玄関脇のオリーブは豊橋の「ガーデンガーデン」で購入。「我が家の庭は水捌けがすごく悪いそうで、去年の秋に植栽が全部ダメになってしまったんです。それでもう一度植え直して、そこから枯らさないよう勉強しながら愛でてます(笑)」

 

Photo & Movie/Dai Yamamoto

ワンダーボイド

無くて、自由。WONDER VOID(ワンダーボイド)。VOIDには「からっぽ」という意味が込められており、大きく取られた余白をより自分らしく好きなように使える、創造力が試される家ということ。収納を設けたり、個室を設けたりして、大きな空間をどうアレンジするか、余白を自由に使うことができるのがワンダーボイド最大の特徴だ。

自分でつくりこんで、自分らしい暮らしを生み出してゆく、まったく新しいタイプの家には、尽きない自由と想像を超えた毎日が待っている。


(問)BESS tel:03-3462-7000 www.bess.jp
FB:BESSの家 Instagram:@bess_slowlife

「BESSの家」とは?

「BESSの家」とは?

「住む」より「楽しむ」をスローガンに、ログハウスなど個性豊かな木の家での暮らしを提供しているBESS(ベス)。住む人が遊びごころを活かし、自然体でおおらかな毎日を過ごせる家づくりが魅力のひとつだ。 www.bess.jp

< 12
Tags
Akihiro Takeji

オススメアイテム