ウワサのG-SHOCK初スマートウォッチを、外遊び好きがリアルに体験!

pr
ウワサのG-SHOCK初スマートウォッチを、外遊び好きがリアルに体験!

外遊びに完全対応する、タフネス系スマートウオッチ。

タフネスウォッチの代名詞といえるG-SHOCK(Gショック)から、ブランド初のスマートウォッチが登場し話題となっている。

G-SHOCKのスポーツラインであるG-SQUADの新製品として誕生した「GSW-H1000」は、日常のワークアウトからアウトドアスポーツまで、15 種類以上のアクティビティに対応するマルチスポーツギア。そんな注目作の魅力をガチな外遊び好きが体感!! 

福井五大/八ヶ岳アドベンチャーツアーズ 代表 八ヶ岳の麓、白樺湖を拠点にさまざまなアクティビティをサポートする、八ヶ岳アドベンチャーツアーズを運営。この夏よりアウトドアショップ『ヒュッゲ』がオープンとなり、メイトバイクのツアーやSUPスクールなども展開する。写真は白樺湖で釣りを楽しむ福井さん。「釣れた瞬間は心拍数が上がるから、その場所を記録してジブンだけの釣果マップをつくれそう」。

岩場や水辺でも安心して使えるのはG-SHOCKのスマートウオッチだけ。

湖や山のアクティビティガイドとして活躍する福井さんが、釣り、SUP、トレイルライドという異なるシーンでG-SHOCK G-SQUAD PROの実力をチェック。各アクティビティに対応する専用モードがあるため、各々の機能までリアルに体験してもらった。

今夏から女神湖でSUPのスクールを開催。「1日のライディングの本数や運動強度も測定できるのが便利」。

「ボクはG-SHOCK世代なので、このルックスだけでもテンションがアガります(笑)。それでいて各種データを記録できるのは便利。GPSと連動して距離や速度まで正確に測定してくれるから、トレーニングにも役立つと思います」。

もちろんG-SHOCKならではのタフネスボディも魅力的。

e-BIKEとしてブレイク中のMATE BIKEでトレイルライドを満喫。「MTBモードは最高速度だけでなく、アベレージや獲得標高差もログとして残せるのがいいですね」。

「やっぱり岩場や水辺でも安心して使えるのは頼もしい。そこはG-SHOCKだけに、絶対的な信頼感があります。ここまで丈夫なスマートウオッチは他にないですよね」。

各アクティビティに必要なデータをリアルタイム表示。アクティビティ中にディスプレイされるデータは多彩。フィッシングモードでは、経過時間や移動軌跡とともに心拍数も記録。さらに釣果カウンターまで搭載する。
アクティビティをはじめる前に種目を選んで、右上にあるSTARTボタンを押すと各種データが記録される。直感で操作できるシンプルなインターフェイスも特徴。
サイクリングモードはリアルタイムで速度が表示されるが、走行中も見やすいディスプレイになっている。もちろん走行距離やルートも記録される。
専用アプリG-SHOCK MOVEと連動させることで、アクティビティの履歴や分析、進捗確認も容易に。さらにアクティビティの計測中に撮影した動画や静止画を編集することもできる。

 

耐衝撃&防水ボディに、GPSとマルチセンサーを搭載。 

G-SQUAD PRO GSW-H1000

耐衝撃構造や20気圧防水といったG-SHOCKのタフネス性能はそのままに、最新のWear OS by GoogleTMを初搭載し、GPS機能とマルチセンサー(心拍・方位・高度/気圧)を備えたスマートウオッチ。ブラック×ブルー、ブラック、レッドの3色展開。各¥88000 

  • Photo/Fumihiko Ikemoto Report & Text/Masatsugu Kuwabara Cooperation/女神湖センター 

(問)カシオ計算機 お客様相談室 tel:03-5334-4869 https://gshock.casio.com/jp/

 

Tags

RANKING

SNAP

MEMBERS

GO OUT ID GO OUT IDとは?

WEBニュースのメールマガジン登録はこちら

STORE

RECOMMENDED ITEM

MAGAZINE

BESSの家〜お宅訪問編〜
電子書籍の購入はこちら
thegoout