G-SHOCK初のスマートウォッチ誕生! ワークアウトに最適なGoogle連動型モデル。

タフネスが自慢のG-SHOCKは機能も充実しており、ファッションのアイコンにもなることから、タウンユースやアウトドアレジャーまで幅広く活躍! 中でもスポーツシーンで人気を博しているのがG-SQUAD(ジー・スクワッド)だ。

今回、このスポーツラインであるG-SQUADの新製品「GSW-H1000」が、2021年5月15日(土)に発売される。

CASIO/GSW-H1000 ¥88000

GSW-H1000にはG-SHOCK初のWear OS by Googleを搭載。

この機能はGoogleと連動し、メールや電話着信の通知を知らせてくれたり、Google Play Music、Google マップなどの多彩なアプリサービスが利用できることから、スマートウォッチに欠かせないものとなっている。

マイクや充電端子を装備し、20気圧防水に耐えるガラスの厚みとしながら、スムーズな画面のタッチ操作にも対応。裏蓋にはカーバイト処理を施して耐摩耗性を強化したチタンを使用。カラーはブラック×ブルー、ブラック、レッドの3色展開。

また、方位や高度/気圧、ジャイロセンサーに加えて、光学式センサーによる心拍計測やGPSとリンクした走行ルートや距離、速度などのデータロガーが可能。モニタリングもできるので、各スポーツや日常のトレーニングに役立てることができるのだ!

24種のアクティビティに応じてデザインされたインターフェイスは情報が把握しやすい! 左がランニング、右がロードバイク時の表示例で、他にもスキー、スノボー、釣り、サーフィン、トレッキングなど24種のアクティビティに対応。表示項目のカスタマイズもOKだ。

さらに、スマートフォン側では、G-SHOCK MOVEアプリでデータを管理すればアクティビティの履歴や分析、進捗状況の確認なども簡単に行える。

スマホ用G-SHOCK MOVEアプリの新機能「センサーオーバーレイ」は、アクティビティ計測中に撮影した動画・静止画と計測情報を重ねて合成することができる。別売りのモーションセンサー(CMT-S20R-AS:¥14080)と接続すればランニング時のフォームチェックも可。

ハードなトレーニングやエクストリームスポーツなど、耐衝撃性に優れるG-SHOCKだからこそ活躍するシーンは数知れず! 様々な情報を手元で簡単に確認できるGSW-H1000はガジェットとしても魅力的だ。普段のトレーニング、遊び、仕事まで1本で賄えちゃいますよ。


(問)カシオ計算機(時計専用) tel:03-5334-4869 https://gshock.casio.com/jp/

 

  • G-SHOCK初のスマートウォッチ誕生! ワークアウトに最適なGoogle連動型モデル。
  • G-SHOCK初のスマートウォッチ誕生! ワークアウトに最適なGoogle連動型モデル。
  • G-SHOCK初のスマートウォッチ誕生! ワークアウトに最適なGoogle連動型モデル。
  • G-SHOCK初のスマートウォッチ誕生! ワークアウトに最適なGoogle連動型モデル。
Tags

オススメアイテム

RANKING

SNAP

MEMBERS

GO OUT ID GO OUT IDとは?

WEBニュースのメールマガジン登録はこちら

STORE

RECOMMENDED ITEM

MAGAZINE

BESSの家〜お宅訪問編〜
電子書籍の購入はこちら
thegoout