【ALEX飯店 レシピ紹介】余ったのなんでも入れちゃえ「ベジブロス」。

GO OUT本誌で連載中の大好評コラム『ALEX飯店』。ALEXこと「AlexanderLeeChang(アレキサンダーリーチャン)」が紹介する、オリジナルのヴィーガン料理は毎回食欲をそそるものばかり。

そんなALEX飯店から今回は、余った野菜や果物、ヘタや皮を一緒に煮込んだサスティナブルな出汁「ベジブロス」の作り方をご紹介!

Instagramでレシピ公開してます。 @alex_hantenv-cook recipe にも掲載してます(vcook.jp/users/4442) ALEX 飯店アシスタント募集中!! 興味がある方はインスタまで
Table Of Contents : 目次

サスティナブルな野菜たち、サスティナベジな出汁。

こんにちは、ALEX飯店店主です。 最近、引っ越しをしました。引っ越しする際いつもしていることなんですが、古い物件に合わせて自分でDIYしていた家具などを一度分解して、新しい物件にあうようにもう一度作り直し、アップサイクルしたりします。

アップサイクル後、さらに残る端材などを集めてなんか新しいものを作れないかな~と作り出してみたり…本当は捨てられるはずだった古いものが形を変え、そこに新しい命が宿る。さらにそこから出るゴミもとても少ない。

これを食べ物でできないかな? 野菜や、果物など、皮や根、ヘタなど、そのまま食べてもあまり美味しく無い部位など。さらに、昨日のサラダの余りや、すこし古くなってしまった野菜、そのままゴミ箱行きだったものが何か使えないのか?

そうだ! 一つの鍋に入れ一緒に煮込む! これに辿り着きました。たくさんの野菜らを一緒に煮込む、良い出汁が取れそうだ。さらに、そこから出るゴミもかなり少なくできました! サスティナブルな野菜たち、サスティナベジな出汁です。

【ベジブロスの材料】

・好きなクズ野菜、玉ねぎや皮、ヘタなど今回は2日前のサラダの残り、2日前のスーパーの刺身妻、昨日のトマト、玉ねぎ、クレソン、ネギ、今朝のグリーンスムージーのバナナの皮、小松菜
・昨日のZENBヌードルの茹で汁(塩なし) 1 リットルくらい
・酒 200mLくらい

【ベジブロスの作り方】

1. フライパンを温め、弱火でそれぞれの野菜らをそれぞれ個別に軽く焦げ目がつくくらい炒める。 ※油を引かないので、フライパンにくっつきやすいです。今回は違いますが、テフロン加工のフライパンなどをおすすめします。無い場合は、ヘラでゆっくり掻き回しながら火を入れてください。
2. 1を一つの鍋に入れてさらに弱火で炒める。ゆっくり掻き回して少しだけ焦がす。
3. 酒を入れて強火で火を入れアルコール臭を飛ばす。
4. ZENBヌードルの茹で汁を入れ、蓋を閉め沸騰するまで強火で火を入れる。
5. 沸騰してきたら丁寧に灰汁をとる。
6. 灰汁を綺麗に取ったら蓋をして弱火で10分~15分くらい煮込む。 ※時折、蓋を開けて灰汁が出てるか確認、灰汁が浮いていたら必ず取る。
7. 鍋の上にザルを置いてその上に6を入れ、ヘラで野菜をギューっと潰して煮汁を絞り出したら出来上がり!!!

※今回、このベジブロスを使ってお米を炊いてみました。通常の水ではなく、ベジブロスを使います。焦げやすいが少し野菜の風味がある美味しいご飯に炊き上がりました。 鍋でのお米の炊き方は僕のインスグラムか、 ググってみてください。


■ALEX飯店Instagram @alex_hanten.official

Tags
GO OUT編集部