存在感バツグンの注目作。ビッグアグネスから真っ赤なドーム型テントが出るらしい!

289 Shares

2019年1月23日、24日に行われたアウトドアブランドやメーカー14社が集まる2019年秋冬の合同展示会。編集部スタッフも参加してきましたが、中でも特に注目したいアイテムをどこよりも早く紹介します!

合同展示会で見つけた注目ギアは他にも!以下の記事も合わせてチェック!
自慢したくなる画期的アイテムが満載! 日本初上陸ブランドの新作ギアをキャッチ!

注目の的!! 真っ赤なドーム型テント。

アメリカ発のアウトドアブランド「Big Agnes(ビッグアグネス)」から、2019年春に登場予定というドーム型テントを発見! ガードステーション8というモデル名で、フロア面積は約11.9平方m。大人8人が横になれる大型のドームテント。

何と言ってもこの真っ赤なボディが特徴的。これならどのキャンプ場に行っても目立つこと間違いなしです! 出入り口は1箇所ですが、写真のように大きく開けるだけでなく、中央にポールを通せば、2箇所のドアになるとか。

室内はハーフインナーが付属で付き、広い前室+寝室、なんて使い方もOK 。別売りでフロアシートが発売になるらしいので、全面お座敷に使ったり、シェルターにしたり、使い方の自由が利くのは嬉しいところ!

 

ビッグアグネス初のファニチャーラインが登場。

テントのほか、ビッグアグネスからもファニチャーラインが登場するとか。軽量タイプのチェアとテーブルも展開される予定。

これまでも、バートンなどとコラボしてファニチャーを展開していたビッグアグネスですが、これは完全オリジナル。ファンとしてはぜひビッグアグネスだけでテントサイトをコーディネートしてみたい!

 

ポールの仕舞いサイズが短くなった!

このほか、既存モデルもマイナーチェンジされたアイテムが登場するとか。アメリカでは、自転車で旅行するのがトレンドだそう。そこで、バイクに積んだ際に邪魔にならないようポールの節を増やしコンパクトに折り畳めるように。

自宅での収納場所に困っている、集合場所まで電車移動だから小さい方がいい、なんて人にも朗報です!

大定番といえるドーム型テント。サイトのスタイルに自由が利いてほかの人と被らない、嬉しいポイントが満載のガードステーション8は、売り切れる前にチェック必須です! 今年はビッグアグネスから目が離せません!

【関連記事】
自慢したくなる画期的アイテムが満載! 日本初上陸ブランドの新作ギアをキャッチ!

Tags

289 Shares

オススメアイテム

RANKING

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

SNAP

ARCHIVE

GO OUT ONLINE

RECOMMENDED ITEM

MAGAZINE

BESSの家〜お宅訪問編〜
電子書籍の購入はこちら
大人の宝物 ペルル