ルーメナーの新作レトロ系ランタンって本当にすごいの?実際に試してみた。

高機能LEDランタンで知られている「LUMENA(ルーメナー)」より登場したレトロスタイルの新アイテムが、クラウドファンディング「Makuake」で好評だ。以前GO OUT WEBでもお伝えしたが、3WAYで使えて調光機能や急速充電にも対応と機能性がモリモリ。現在、目標金額の10倍以上を達成し、今なお数字を伸ばしている。

しかし、同時に「こんな都合のいいランタンってどうなの?」と思ってしまうのも事実。そこで今回は一足先に「LUMENA CLASSIC」入手し実際に使ってみた。

Table Of Contents : 目次

まずは「LUMENA CLASSIC」をおさらい

「LUMENA CLASSIC」

LUMENA CLASSIC ¥26,730(※)

今まではどちらかと言えば、その機能性が一目でわかるような現代的なデザインが特徴的だったルーメナー。そして「LUMENA CLASSIC」はそのラインナップの中では異彩を放つアイテムである。アンティーク調のデザインになっていてイメージソースはオイルランタンとのこと。

気になる明るさは20~1,000ルーメンとかなり調整範囲が広いのも魅力。そしてダイアルを左右に回すと無段階に調光可能で、穏やかで雰囲気抜群の暖色と実用的な白色が選べる。発光パターンとしては日没やキャンドルの揺れなど人がずっと見ていたくなる光を再現しているそう。

【SPEC】
容量:LG Li-ion 3.69V 9,600mAh(35.42Wh) 
明るさ:20~1,000Lm
点灯時間:約7~100時間
充電時間:約4時間
サイズ:153×153×291mm
重量:830g
※執筆時(2022/12/22)の価格

キャンプギアっぽさを感じさせないデザイン

「LUMENA CLASSIC」

アンティーク調のデザインではあるのだが、どこかモダンクラシックな雰囲気も漂う。コットンテントのキャンプサイトが似合いそうだ。そしてモダンさもあるのでキャンプだけにとどまらず自宅での使用もいいかもしれない。カラー展開は深みのある色合いの「BRONZE BROWN(ブロンズ ブラウン)」とやや薄いグレーのかかった「CLOUD WHITE(クラウド ホワイト)」の2色展開だ。

JAPANエディション限定の収納ケース

「LUMENA CLASSIC」

日本版限定でなんとルーメナーのロゴ入りオリジナル収納ケースが付属してくる。ランタン本体と同じくアンティーク調になっていて質感もかなり高い。日本版ではこの他にも専用充電アダプターなども付属しているそうなので、お得感満載だ。

いざ、点灯!

「LUMENA CLASSIC」

本体上部にあるスイッチをオンすれば点灯が始まる。今回は2個ランタンがあるので片方を暖色に、もう一方を白色にしてみた。結論やはり明るい!ソロはもちろんのこと、偏りなく光が差すので3人くらいまでのキャンプなら「LUMENA CLASSIC」だけで対応できそうだ。激しい主張はないものの、質感の高いデザインなので所有欲も満たしてくれる。

ダイアルで無段階に調光可能

「LUMENA CLASSIC」

本体の電源スイッチ外側に付いているダイアルで調光の操作ができる。ランタン本体と一体になったデザインのため細々としたスイッチはない。これも「LUMENA CLASSIC」の高いクラス感の演出に寄与しているだろう。肝心のダイアル操作だがスムーズに調節できるため一抹のわずらわしさもない。

ケースを外せば吊り上げ式に!

「LUMENA CLASSIC」

外側部分のケースを外せばランタンスタンドやロープなどに吊り下げ可能に。タープ下やテントの前室といった広いスペースを満遍なく照らしたい場合に有効だ。

「LUMENA CLASSIC」

光が広範囲に照射されるので大型のタープや幕内で使用する場合でも「LUMENA CLASSIC」と手元用にサブのミニライトがあれば十分だろう。無機質ではない暖かい光がなんとも心地よい。

「LUMENA CLASSIC」

また、ケース下部には三脚用のネジ穴が設けられているので別途三脚を持参すればスタンドライトとしても活用できる。ランタンの位置をスムーズに変えたい場合などにはスタンドライトとして使うのがおすすめ。

地味に助かる充電機能付き

「LUMENA CLASSIC」

「LUMENA CLASSIC」は9,600mAhもの大容量バッテリーを搭載している。そして本体上部に12W出力の充電ポート(type-C)も装備。つまりランタンであると同時にモバイルバッテリーでもあるのだ。キャンプでの「充電器を忘れてた……」「寒さでスマホのバッテリーがやられた。」という”あるある”を解決できる。このメリットはどんなキャンパーにとっても大きいだろう。

“一家に一台”レベルのランタン

実際に野外で使ってみた感想だが「これはまさに一家に一台レベルのランタンかもしれない。」ということ。明るく広範囲を照らしてくれるハイスペックランタンとしてはもちろん、リラックスタイムを演出してくれる優しい照明としても、時には予備バッテリーにもなるなどマルチに活躍してくれるのだ。こんなランタンは中々見つからないだろう。

Makuakeにてまだ申し込みが可能なので、気になる人はぜひ早めのチェックを!


(問)KMコーポレーション カスタマーセンター tel:048-985-2223 customer@km-copo.com

Tags
Shoichi Yamada