簡単にセッティングできて火起こしを身近な存在に。ジ アイアン フィールド ギアの画期的な焚き火台4選。

強い火力を使って調理したり、暖を取って寒さをしのいだり、炎を取り囲んで仲間や家族と語らったりと、秋冬キャンプの醍醐味ともいうべき焚き火。

人間の原体験である“火”をより身近な存在にしようと、香川県にて設立されたブランドが「THE IRON FIELD GEAR(ジ アイアン フィールド ギア)」です。

鉄加工のプロフェッショナルが携わる同ブランドが掲げるのは、“火を通して自然体験をより楽しく過ごして欲しい”という想い。そんなフィロソフィが詰まった革新的なアウトドアギアをご紹介します。

Table Of Contents : 目次

今までにない“持ち運べる焚き火台”がコンセプト。

迷彩柄TAKI BE CAN 各¥127600

耐熱ガラスを通して炎が楽しめる焚き火台としても暖炉としても使える画期的ギア。火付けが容易にできる高い燃焼効率を誇り、地面から15cmほど離れているので芝生の上でも使えます。

色褪せない美しさを持続するホーロー加工。

ホーローヘキサウッドストーブ トライバル柄 ¥40700

外側のスチールと内側のステンレスによる二重構造で、薪のエネルギーを最大限に引き出して効率的な燃焼を促進。表面のホーロー加工で美しい輝きを損なわずに使用できます。

ヘキサストーブのミニサイズも要チェック。

ホーローヘキサウッドストーブ トライバル柄 ミニ ¥19800

トライバル柄を施したヘキサ型ストーブのミニサイズ。同モデルにも厚手のアイアン製五徳が付属。重量感のあるケトルを載せても変形しないほどの頑丈な作りが魅力です。

ステンレスの素材感を活かしたミニマルな佇まい。

ヘキサウッドストーブ ミニ ¥9900

六角形フォルムに仕上げたストーブの中でも、表面に加工を施していない無骨な表情。それだけにステンレスの質感が主張され、テントサイトの相性を選ばずに活躍します。

焚き火を通じて豊かなキャンプライフを提案。

どのアイテムもセッティングと持ち運びが簡単なものばかり。キャンプ初心者でも安心して焚き火が楽しめる4モデルはGO OUT Onlineにて発売中です。

外遊びのフィールドにて火を起こすことで、キャンプ料理や暖かさで人の笑顔を引き出す同ブランドの焚き火台。

プライスレスなひと時をサポートしてくれるジ アイアン フィールド ギアのプロダクトは、これからのキャンプシーンに欠かせない存在になってくれます。

Photo/メーカー提供

Tags
Shohei Kuroda