ジ アイアン フィールド ギアから、六角形の二次燃焼ストーブ&ウッドテーブルが登場。

Yasuo Sato

THE IRON FIELD GEAR(ジ アイアン フィールド ギア)、通称TIFGは、香川県の鉄工所が2019年にスタートさせたアウトドアブランドだ。造船業などで培ったノウハウを駆使して作られるアイアンのギアは使い勝手や質感が高いのはもちろん、無骨なデザインで多くのファンを獲得している。

とくに焚火周りのアイテムが多く、TAKI BE CAN(タキビーキャン)TAKI BE ITA(タキビイタ)などは主力となっている。そんなTIFGが「六角形」をテーマに2つの新作をリリース!

Table Of Contents : 目次

「鉄のプロ」が作る極上ストーブは五徳付きで調理もばっちり!

THE IRON FIELD GEAR/ヘキサウッドストーブ ¥23980

ウッドストーブは焚火にも調理にも使える一台二役の優れもの! そこで重要なのが燃焼効率だ。

こちらは二次燃焼を促進させる外壁二重構造とし、さらに筒型なので熱効率も抜群! 一度燃えれば煙も少なく、火の管理に翻弄されることもないのでトータルで効率が上がるというわけだ。

本体は0.8mm厚のオールステンレス製で錆びにくいのが特徴。サイズが約W350×H450×D300㎜と大きめだから迫力のある焚火が楽しめる。

もちろん、灰が落ちない構造だから地面を焦がす心配もなし!

重量は約7.6kg。ハンドルがあるので持ち運びしやすい。

さらにうれしいのが、五徳が付いていること! 3.2㎜厚のアイアン製だから火に長時間あたっても変形しずらく、スキレットやケトルも乗せられる屈強な作りとなっている。

五徳はスリット入りで開口部の半分を覆う形状だから中の様子が見えやすく、薪の管理もしやすい。

五徳はフチに引っ掛けることもでき、置き場所に困ったりなくす心配もない。

ソロもグルキャンもOK! 絶妙サイズの六角テーブル

THE IRON FIELD GEAR/ヘキサウッドテーブル ¥26400

今やキャンプシーンで大定番となったヘキサ型のテーブルは、焚火を囲んで顔を見合わせられるグルキャン大活躍の代物だ。

TIFGでは珍しいウッドを用いているのがトピック! 天板に丈夫なゴムの木を用い、表面がめくれたり、ささくれができにくいように配慮。天然素材ならではのエイジングが楽しめるのも一興だ!

アレンジできるように天板はあえて無垢の状態。オリジナルのカラーに塗装するのも楽しそう!

これに組み合わされる“脚”は当然アイアン素材! ブランドロゴがくり抜かれた技ありのデザインだ。この脚を天板に通すだけの簡単設計で、脚パーツが天板に干渉しないのがこだわりどころ。


設営時のテーブルの高さは約23.5cmとロースタイルにぴったりサイズ。計6つに分かれるので、ソロキャンの場合は1つだけ使ったり、3つ(半分)使って半円を描くよう、コックピット型に配置するなど創意工夫の余地があるのも見どころ! 専用のキャリケースが付属するから持ち運びもラクチンだ。

このテーブルは先述したストーブとジャストサイズの組み合わせなのでぜひ合わせてゲットしたい!

気鋭のブランドが放つこのヘキサゴンギアは、クラウドファンディングサイト、Makuakeにて2023年1月28日まで先行予約受付中! 人数限定で割引やお得なセット販売もしているからチェックしてみよう。


(問)ジ アイアン フィールド ギア https://www.tifg.jp/

 

Tags
Yasuo Sato

オススメアイテム