Alpen Outdoorsが放つ注目の新テント「AOD-3」と、湖畔キャンプ。

GO OUT編集部

アウトドアショップ・アルペンアウトドアーズが、近年オリジナルブランドAlpen Outdoorsの開発に力を入れています。毎回即完する人気テントシリーズ「AOD」の最新モデルなど、2022年春も期待のギアが登場しました!

Table Of Contents : 目次

完売テントの後継モデルほか、Alpen Outdoorsの新作ギアに注目!

アルペンオリジナルブランドのAlpen Outdoorsに新作が続々誕生。注目は、2021年3月に限定発売され、短期間で即完したAOD-1の後継モデルである、AOD-3。夏キャンプも快適に過ごせる2ルームテントとして誕生したAOD-1を改良し、より涼しく快適にアップデート。

今回はその機能性を堪能するべく、AOD-3を持って、湖畔キャンプへ。そして、AOD-3の利便性を高めてくれたのは、Alpen Outdoorsのタープ。2ルームテントとの連結を想定して作られていて、4人分のチェアも大きいテーブルもすっぽり入る、広い日陰スペースが完成。

この夏は、こだわりの機能をフルに搭載したAlpen Outdoorsのギアを持って、快適なキャンプを過ごしたい。

  • 【上写真使用アイテム】
    (左手前から)アルペンアウトドアーズのファイヤーサイドテーブル ¥7689、ファイヤーサイドテーブルの上に置いたアルペンアウトドアーズのHANGO ¥2189、アルペンアウトドアーズのフォールディングファイヤーピット ¥10989、ニーモのムーンライトリクライニングチェア ¥18150、スノーピークのパイルドライバー ¥6050、DIETZのオイルランタンシルバー ¥5148、イグニオのミニワゴンキャリー黒 ¥6589、キャリーのなかにあるミステリーランチのScree32 ¥25300、タープ下にあるチェア ¥17589、ロールテーブル ¥21989、シェラカップ ¥1639、マグカップ ¥1098 すべてアルペンアウトドアーズ、テーブルの上においたべアボーンズのレイルロードランタンオリーブ ¥9680、スノーピークのハードロッククーラー40QT ¥63800、イグニオのツールラック ¥3839 その他スタイリスト私物

【Alpen Outdoors/AOD-3】涼しい+広い=快適。4シーズン遊べる仲間。

AOD-1の後継モデルとして誕生したAOD-3。入り口のサイドに窓を2つ追加し、フロントとバッグの入り口とメッシュ部分を拡大したことで、圧倒的な涼しさを実現。
天井ルーフを外すと、日の光と風が入り込む、開放的な天井窓が出現する。
AOD-3より、風や雨の吹き込みを抑えるマッドスカートを追加。保温性が増すのでオールシーズン使えるようになった。7月上旬発売予定。

【Alpen Outdoors/タープ】2ルームテントとの相性◎!! マルチなタープ。

計12カ所のフックとテープ、2枚の生地によりさまざまなアレンジができるので、多種多様なテントと連結できる。
本体生地は難燃性、遮光性、撥水性を兼ね備えた機能性素材を採用。火に強いので日差しを避けつつも、焚き火を楽しむことができる。
付属のデイジーチェーンは計3本。べルト式で長さの調整も可能。意外と場所を取るランタンの設置にひと役買ってくれるはず。7月上旬発売予定。

人気の焚き火ギアも充実!

Alpen Outdoors/ファイヤーサイドテーブル

着脱式の天板と折り畳み式のフレームのセット。天板は熱したダッチオーブンやバーナーも直置きできる強靭なステンレス製。フレームは天板を外すと薪置きに。5月下旬発売予定。¥7689

Alpen Outdoors/フォールディングファイヤーピット

開いて置くだけで設営完了。オールステンレスでシンプルかつタフな構造。空気穴は最大限に燃焼を促しつつも、灰が落ちにくいようにデザインされている。5月下旬発売予定。¥10989

アルペンアウトドアーズの公式インスタにて、新作の発売日やキャンペーン情報など随時更新しているので、要チェック!

Photo/Fumihiko Ikemoto Styling/Ryosuke Ito Text/Yuna Nagahama(EditReal)


(問)アルペンアウトドアーズフラッグシップストア 新宿店 tel:03-5312-7682 https://store.alpen-group.jp/alpentokyo/CSfTokyoTop.jsp

Tags
GO OUT編集部