分割式の天板でアレンジ自在な、ハングアウトの技ありクッキングテーブル。

GO OUT編集部

アウトドアクッキングを行う上であると便利なキッチンテーブル。食卓用のテーブルを兼用してもいいけれど、料理するには高さが合わなかったり、火の使用に向かなかったりと、何かと不便なことも多いもの。とはいえ、アウトドア用のキッチンテーブルは多種多様で自分のスタイルにあったものを探すのも一苦労です。

Hang Out(ハングアウト)の今季新作である「Crank Cooking Table」は、特殊な天板構造によって複数のキッチンスタイルに対応できるスグレモノ。一見、シンプルに見えて実は機能的なアイデア作になっているんです。

Crank Cooking Table ¥16720

2つのラックを重ねたようなX字型のデザインが特徴的なこちらのテーブル。立った状態での調理に適した高さ設計が特徴で、シングルバーナーやカセットコンロ、2分割された天板のメイン側を取り外すことによってツーバーナーもセットできる構造になっているんです。

しかも、取り外したメイン天板は、ちょうど下段にセットできるサイズ感となっているのもポイント。フレームの隙間から落ちてしまうような小物も天板を設置することで下段に置いておけます。

天板周りのフレームには、フライ返しやお玉、シェラカップなどがハンギング出来るので調理の際にも便利で、効率的なキッチンを構築することができるんです。また、使わない時はコンパクトなサイズ(約幅93×奥行34×高さ12.5cm)に収納が可能。

機能的なウッド天板とマットブラック塗装のスチールフレームによるインダストリアルなデザインも秀逸なハングアウトのキッチンテーブル。アウトドアの活発になる春先に向けて要注目です。ブランド公式オンラインサイトほか、GO OUT Onlineにて販売中。


(問)GO OUT Online https://www.goout.jp/category/A002005/HO210201.html

 

Tags
GO OUT編集部