人気ショップに聞いた、フェス向けテント選びの3つのポイント。【キャンプフェス入門 #2】

キャンプフェスデビューに最適な装備を考えるこの「キャンプフェス入門」企画。第一回は、アイテム選びの下準備として揃えるべきアイテムをざっくりイメージしてみましたが、実際どれを買ったらいいのか?

今回は、機能的でおしゃれなギア選びについて掘り下げていきます。

キャンプといえば、まずテント。実際どれがいいの?

キャンプフェスに参加するにあたり、最も重要となるのが拠点となるテント選び。やっぱりプライベートを確保できるベース基地がないことには安心して楽しめません。でもテントって大きさはもちろん、デザインや機能性も様々。どんなモデルを選べばいいか迷いますよね。

ということで、テントが充実している大型アウトドアショップで、フェス向きのテントを教えてもらうことに。これで快適なキャンプフェスデビューに一歩近づける!? もちろんキャンプビギナーも必見です!!

10万点以上のギアが揃う「アルペンアウトドアーズ」でリサーチ。

今回のギア選びに協力してもらうのは、千葉県の柏市にある「アルペンアウトドアーズ フラッグシップストア柏店」。ここは総勢450ブランド、10万以上のアイテムが集結している世界最大級の超大型アウトドアショップ。

広大な売り場面積を誇るため、気になったテントが複数ある場合、どちらも試し張りして実際に見比べることも可能。

早速、キャンプ担当スタッフの佐々木さんに、どんなテントがキャンプフェスに向いているのか聞いてみました。佐々木さんは多くのギアに精通し、テントだけでも200張り以上を設営してきたアウトドアマスター。これはかなり頼もしい!!

「キャンプフェスに初参加する人や、これからキャンプの挑戦したい人でも、理想のイメージさえ伝えていただければベストなギアを提案いたします」。

アルペンアウトドアーズ フラッグシップストア柏店

2019年4月にオープンした、約2,300坪の広大な売り場を有した日本最大級の大型アウトドアショップ。1Fがキャンプ関連、2Fがアウトドアウエア、3Fが山用品と分かれている。千葉県柏市風早1-6-1 tel:04-7192-3671 open:10:00~21:00  https://www.alpen-group.jp/store/outdoor/kashiwa/

 

キャンプフェスを快適に過ごすための、テント選びの3つのポイント。

様々なテントに触れ、自身も年間20泊以上キャンプを楽しんでいる佐々木さんが、キャンプフェス向きのテントを選ぶときに意識しておきたい3つのポイントを伝授。これだけ抑えておけばテント選びで失敗することはなさそう。

Point 1. 狭いスペースでも設営できるコンパクトな自立式。

フェス会場のキャンプサイトはスペースに限りがあるため、当日はかなり混雑することも。そのため狭いスペースでも設営できる、なるべくコンパクトなテントを選びたい。特に、1人でも簡単に設営できる自立式モデルがベストだとか。

「自室式のテントは、最悪の場合はガイライン(ロープ)を張らなくても設営できるし、ペグの数も少なくて済みます。狭いサイトでありがちなのが、隣接するテントのエリアまで、ガイラインやペグが干渉してしまうこと。それを避けるためにも、場所を取らないコンパクトな自立式モデルをオススメしたいですね」。

Point 2. 荷物を素早く避難させられる、前室が広いモデル。

キャンプフェスはどうしても荷物がかさばってしまうため、メインルーム以外に荷物が置ける前室スペースがあるテントが使いやすい。自立式モデルでも、前室がないビバーク用の山岳テントはちょっとストイック過ぎるかも。そして色選びも重要なポイント。

「前室があると急な雨でも素早く荷物を避難させられるし、広い前室なら簡単な料理も作れます。靴のまま気軽に使える前室は、意外と便利なマルチスペースなんですよ。あるとないでは快適さも大違いです。それと、なるべく目立つカラーを選ぶと、遠くからでも自分のテントを見つけやすいですよ」。

Point 3. ソロで使うときも2人用か、3人用モデルが理想。

コンパクトさは追求したいけど快適さも重要。1人用のソロテントは確かに小さいけど、室内のスペースに余裕がないのも事実。室内で快適に過ごしたいなら、1人で使うときも2人用か3人用サイズのテントを持ち込みたい。

「コンパクト性と同じくらい、住居としての快適性も考慮するべきです。テント内で着替えたりもするし、荷物を整理することもありますよね。自分が寝るスペース以外に荷物やバッグを置くことを考えると、ソロテントではちょっと狭いと思います。最近は2人用や3人用のテントでも、軽くてコンパクトなモデルが多く出ていますよ」。

アルペンがオススメする「フェス向きテント」を厳選。

以上の点を踏まえて、佐々木さんがオススメするテントを厳選案内。ビギナーにも手を出しやすい、比較的リーズナブルな価格帯も魅力のひとつです。

軽量で誰にでも素早く設営できる高機能モデル。

NEMO「ギャラクシーストーム 2P」 ¥37400

人気のコヨーテカラーをベースにしたNEMO(ニーモ)の2人用テント。フロア面積が3.0㎡もありながら重量が約2.38kgなので、バッグに入れて持ち運ぶことも可能。左右両サイドに前室も備えている。

ULテントもリリースするニーモのエントリーモデルです。2人用だけど、1人で使うのに最適なサイズ感。なによりも凄く簡単に設営できるんですよ。全てのポールが天頂部のハブに繋がっているから迷わずに組み立てられます。人気のミリタリーカラーもスタイリッシュだと思いますよ」。

 ナチュラルなカモフラ柄と大きな前室が魅力!!

Coleman「ツーリングドームLX」 ¥23980

2019年に登場したストンプシリーズを代表するColeman(コールマン)の2〜3人用ドームテント。カモフラ柄と大きな前室が特徴的で、使い勝手だけでなく目立つルックスもフェス向き。しかもコスパも抜群。

「本格的なカモフラ柄ではなく、トーンを抑えたカジュアルな柄なので、周辺ギアも無骨なアイテムで揃えなくても違和感なく使えます。しかもインナーもカモ柄だからテント内でもナチュラルな雰囲気が味わえます(笑)。それと、これくらのサイズの前室はかなり実用的。リーズナブルな価格帯も含め、キャンプビギナー全般にオススメのモデルになります」。

コンパクトなシルエットながら3人用の広い室内が快適。

THE NORTH FACE「トーラス3」  ¥49500 

大人3人が就寝できるTHE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)のドーム型ダブルウォールテント。それでも収納サイズは58cm×21cmなので1人でも持ち運び可能。入口が左右に2つあり、インナーがフルメッシュ構造になっているため通気性も抜群。

「一見するとコンパクトだけど、室内は1人はもちろん2人でも快適に過ごせる広さになっています。ザ・ノース・フェイスらしいヴィヴィッドなカラーリングもフェス向きだし、メッシュインナーだから夏でも快適。絶妙なサイズ感も含め、かなり汎用性が高いモデルだと思います」。

 

【次は、寝床周りのギアをセレクト!!】

 

12 >
Tags

RANKING

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

SNAP

ARCHIVE

GO OUT ONLINE

RECOMMENDED ITEM

MAGAZINE

BESSの家〜お宅訪問編〜
電子書籍の購入はこちら
thegoout