おしゃれキャンパーが愛用する、斬新デザインの機能美ギア7選。

 

もはやキャンプギアを選ぶ際に欠かせない存在となっている、ガレージブランドの斬新なアイテム。

キャンパー自身がスタートさせたブランドが多く、それだけにデザインだけでなく使い勝手もバツグン。「キャンプ中、こんなのあったら便利」に応えてくれるニッチなアイテムが多いのも特徴。

絶賛発売中の「GO OUT CAMP STYLE BOOK 13」で取材したキャンパーの中でも、ガレージブランド発のギアを愛用中のサイトが多数。そこで、今回は取材中に特に気になったガレージブランドのアイテムを7つピックアップしました。

01. 家具デザイナーが作る、本気のテーブル。

写真 中央上段に置かれたウォルナット素材のテーブルは「T-01(¥52920)」というモデル で、大阪にあるデザイン会社発のガレージブランド「DOOGOO(ドゥーグー)」のアイテム。

ドゥーグーはプロダクト・家具デザイナーが作り出した、スタリッシュなデザインが特徴ですが、こちらのテーブルはデザインだけでなく、コンパクトに持ち運びできる点も非常に便利。

同ブランドから出ているテーブルはすべて小さく持ち運べるので、積載が気になる人はチェックすべし!

 

02. もはや説明不要な、アイアン製焚き火ギア。

焚き火台やギアを引っ掛けたハンガーは、どちらも「sanzokumountain(サンゾクマウンテン)」のギア。今回取材した中でも一番愛用者が多かったガレージブランドです。

「マウンコル(¥35800)」という円型の焚き火台は、火を入れると幻想的な柄が浮かび上がるデザインが画期的。手入れも簡単とキャンパーから大人気。

またハンガーは「ショック(¥17000)」という名前のアイテムで、大小の長さ違いで2種類セット。用途に合わせて焚き火ギアを引っ掛けたりランタンを下げたり、使い道の幅が広い点も人気の理由。

 

03. キャンパー目線で作られた、優秀ラック。

中央に置かれたウッドラックは「chillingcampeeps (チリングキャンピープス)」というブランドのもの。スタンダードなデザインにミリタリー要素をプラスさせたギアが多く、どんなサイトにもマッチする優秀なアイテムばかり。

この「ccスタンダードシェルフ(¥53500)」は、ラック上段に便利なポールが付き、タオルやシェラカップなど様々なアイテムが引っ掛けられます。こうした細かく便利なディテールも、ガレージブランドならでは!

 

04. ギミックに惹かれる、焚き火ギア。

Aのマークが特徴的な焚き火台は「asimocrafts(アシモクラフト)」の焚き火アイテムたち。

焚き火ギアを中心に展開するブランドで、サークル状の焚き火台は「タキビノアシ(¥34800)」、上に載せた「アシサークル(¥2500)」は風防、五徳として活躍するギア。

5枚のプレートを組み合わせて焚き火台を作るなど、ギミックがユニークなのも男心をくすぐるポイント。

 

他にもまだまだ! 次ページへ続きます。

 

12 >
Tags

RANKING

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

SNAP

ARCHIVE

GO OUT ONLINE

RECOMMENDED ITEM

MAGAZINE

BESSの家〜お宅訪問編〜
電子書籍の購入はこちら
大人の宝物 ペルル