夏のパンツといえば、コレ! パタゴニアのバギーズ・ショーツを徹底解剖!

Table Of Contents : 目次

街にもアウトドアにもハマる、バギーズ・ショーツスタイル。

最後に、バギーズ・ショーツを実際に取り入れた着こなしをご紹介。街やアウトドアフィールドでサラリと着こなしたスタイルを参考に、今年こそはバギーズデビューしてみてはいかがでしょう。

田中友喜さん(30歳/美容師)@GREENROOM FESTIVAL’17

ミリタリーテイストなコーディネートにバギーズ・ショーツを合わせたこちらのコーディネート。野暮ったくなりがちなアースカラーを多用しつつも、ブラックのショーツととホワイトのTシャツによって、全体をミニマルな印象にまとめている。

松尾 勲さん(40歳/自営業)@FUJI ROCK FESTIVAL’17

インパクトのあるバンドTを主軸とした、フェス感あふれるこちらのコーデにもバギーズ・ショーツがフィット! カラーは、イエローと相性のいいブルーをセレクトすることで、ストリート色の強いアイテムに上手く混ぜ込み、アウトドアな印象も共存させている。

桑原 大輔さん(42歳/美容師)@FUJI ROCK FESTIVAL ’16

オリエンタルな総柄シャツに、こちらも総柄のバギーズ・ショーツを合わせた個性派スタイル。シャツとサンダル、ショーツとネックレスで色味を揃えたカラーコーディネートもさすが。うるさくなりがちな総柄コーデもトーンに強弱を付けることで、まとまりのある装いに仕上げている。

 

今年の夏は、バギーズ・ショーツで遊び尽くそう!

海から山まで対応できるハイスペック仕様でありつつ、コーディネートにも取り入れやすいデザイン性にも優れ、しかもエコと、まさに全能型といえるバギーズ・ショーツ。

ここでは街やフェス、キャンプでのスタイルをご紹介しましたが、耐久性に優れるバギーズ・ショーツは、過酷なアウトドアシーンにも最適で、サーフィン、クライミング、さらにはスキー・スノーボードまで、まさにシームレスな活躍をみせています。

自分好みの一本を見つけて、日常コーデにアウトドアアクティビティにスポーツに、夏を存分に楽しんでみてはいかがでしょう。

 

バギーズ ハッシュタグキャンペーンも開催中。

さらに、5/10(木)6/30(土)の期間で、バギーズ・ショーツのSNSキャンペーンが開催中! お気に入りのバギーズの写真にハッシュタグ「#あなたのバギーズってどんなバギーズ」を付けてバギーズキャンペーン公式アカウントに投稿して、冒険の記録を共有しましょう!

 

■ハッシュタグキャンペーン

期間:2018年5/10(木)6/30(土)

内容:お気に入りのバギーズの写真にハッシュタグ「#あなたのバギーズってどんなバギーズ」を付けてバギーズキャンペーン公式アカウントに投稿。

 

Photo/Shouta Kikuchi、Kenji Fujimaki、メーカー提供

 


(問)パタゴニア日本支社 カスタマーサービス tel:0800-8887-447 www.patagonia.jp

 

Tags
GO OUT編集部