ポストオーバーオールズの新作シャツは、ミリタリーの珍品が元ネタ。こだわり満点、渾身のダンガリーシャツ!

Masahiro Kosaka

POST O’ALLS(ポストオーバーオールズ)が、米軍が兵士に支給するデニム素材の官給品・ミリタリー・ダンガリーズをベースにミックスアップしたワークウエアコレクション「ミリタリーダンガリーズリミックス」を、5月21日に発売。

ブランド創立当初からさまざまなダンガリー由来のアイテムを提案してきたポストオーバーオールズが今回手掛けたのは、ヴィンテージの世界で幻と称される1930年代以前のUSMCのデニムカバーオールや、ブランドデビュー時から存在する大定番のU.S.ARMYのプルオーバーシャツといったエクスクルーシブな3型。

USMC 3 pocket Utility Jacket(1930s version) ¥41800

まずは、デザイナーの大淵 毅氏が過去に所有していた、1930年代以前のカバーオールジャケットをリプロダクトしたジャケット。じつは2000年代後半、. . . . .Research(. . . . .リサーチ)とポストオーバーオールズの共同プロジェクト「NAVAL RESERCH」や「PRISONER RESEARCH」などでもサンプリングしたという、まさに幻のアイテムです。

同サイズの3ポケットや独特なボタン配置、シンプルなボックスシルエットなど、ユニークなディテールが映える1着。8ozデニムとシャンブレー素材で展開されます。

ARMY Shirt ¥35200

もう一方は、ブランドデビュー当時から作られてきたアーミーシャツ。大淵 毅氏がプライベートで愛用していた数々のヴィンテージアーミーシャツの要素を巧みに掛け合わせ、そのシンプルで独特なデザインは、マシン・エイジ期のアメリカのワークウエアが持つダイナミックなムードを持ちます。

今回のリミテッドモデルでは、オリジナルよりも着丈を少し長めに設定し、ショーツとの相性を高めたとか。

E-Z ARMY-NAVY Shorts Special ¥27500

加えて今回は、US.ARMYとUS.NAVYそれぞれのディテールをミックスした、新型ミリタリーイージーショーツも展開。第二次世界大戦期の、アウトシームの無い往年のUS.NAVYパンツと、戦前のファティーグパンツを掛け合わせたモデルです。

ウエスト周りをイージー化し、元ネタが持つタイトな腰回りのフィット感を調整。リミテッドモデルでは、バックポケットをクラシックな右ポケットのみに変更。第一次世界大戦頃のUS.NAVYのダンガリーパンツを彷彿させる仕上がりに。

デザイナー自身も愛するダンガリーズアイテムの、その私物コレクションと知識を駆使し、完成したマスターピース。迫力満点です。


(問)ポストオーバーオールズ tel:03-5942-1545 postoveralls.com

Tags
Masahiro Kosaka

オススメアイテム