アウトドアコーデ最前線! ライトな春夏キャンプフェススタイルを拝見。

GO OUT編集部

2022年4月22日〜24日の3日間、ふもとっぱらで開催された「GO OUT CAMP vol.17」。初夏を先取りしたような快晴の下、多くの外遊び好きがライブや買い物、そしてキャンプを満喫。そんななか、会場でも目立っていたおしゃれキャンパーたちのスタイルを拝見!

※撮影時のみマスクを外してもらいました。

Table Of Contents : 目次

ネイタルデザインのアイテムで夏を先取り。

スナフキンさん(49歳/会社員)

夏を先取りしたようなネイタルデザインのTシャツとショーツを合わせたスタイルは、シンプルながらインパクト大。コンバースのシューズはシューレースを自身でカスタムし、さりげなくアクセントにしている。

着用アイテムは、スナップページをチェック!

ネオンカラーのトップスがインパクト大。

カトキチさん(29歳/居酒屋店員)

ネオンカラーが際立つ、テンボックスのスウェットをルーズに着用。コブラキャップスのショーツとのサイズバランスも秀逸で、ルーカの総柄ハットやレトロなラインソックスも、ほどよいアクセントに。

着用アイテムは、スナップページをチェック!

クラシックなベストをカジュアルに着用。

タケシさん(30歳/研究職)

エル・エル・ビーンのクラシックなベストを、ルーズなTシャツの上からざっくり羽織り、ショーツやサンダルと合わせてカジュアルダウン。レザーのキーケースやラインソックスもスタイルにマッチしている。

着用アイテムは、スナップページをチェック!

ビッグTEEと機能ベストをレイヤリング。

ゆうとうりさん(39歳/会社員)

ビッグシルエットと発色のよいブルーカラーが際立つネルデザインワークスのTシャツの上から、デバイスワークスの機能美ベストをレイヤリング。サングラスケース大きな一眼レフカメラもアクセントに。

着用アイテムは、スナップページをチェック!

アクセントになる小物使いが秀逸。

ヒゲボイン(?歳/会社員)

ワークマンやユニクロのベーシックなアイテムを取り入れながらも、バランスのよい小物使いでオリジナリティを発揮。ボヘミアンズのショーツは、ボタニカルなプリントだけでなく、丈感もスタイリッシュ。

着用アイテムは、スナップページをチェック!

ここで紹介した他にも初夏のフェススタイルが盛りだくさん! こちらからもっと見られるので、これからさらに活発化するフェスシーズンに向けてぜひ参考にしてみて!

Photo/HAYDEE Text/Masatsugu Kuwabara , GO OUT編集部

Tags
GO OUT編集部