春に着たい、クラシックなアウトドアウエア15選。タフで味わい深い永久定番品。

GO OUT編集部

機能もデザインも年々進化を遂げていくアウトドアウエアですが、穏やかな天候のこの時期には、落ち着いた雰囲気のクラシックなアウトドアウエアも魅力的。

というわけで今回は、ほどほどに機能的で雰囲気も良く、耐久性も抜群なウエアたちを素材別にご紹介します!

Table Of Contents : 目次

【60/40 & 65/35】化繊と綿のハイブリッドクロス。

まだゴアテックスなどの透湿防水素材がなかった時代、屋外用の防水素材と言えばゴム引きなどの快適とは言い難いものしかなかった。しかし1968年にシエラデザインズが発売したマウンテンパーカには、60/40クロスと呼ばれる素材が使われており、軽度の防水性と透湿性を兼ね備えていた。

この生地はタテ糸にナイロンを、ヨコ糸にコットンをそれぞれ42%と58%の割合で使用しており、コットンが水を含むと目が詰まり、ナイロン糸が持つ撥水性と相まって水の浸入を防ぐという機能を持っていたのだ。また少し遅れてザ・ノース・フェイスは65/35クロスを使用したダウン製品などを発表。

こちらはポリエステル繊維の周囲にコットン繊維を65%/35%の割合で巻きつけた糸で織られており、コットンの膨張で防水性を高める点は60/40と同じだったが、表面がすべてコットンであることから手触りがソフトという特徴も持っていた。

SIERRA DESIGNS(シエラデザインズ)

シエラデザインズの代表作マウンテンパーカの丈を短くアレンジし、より街でも着やすくなった「ショートパーカ」。丈の他にも左胸ポケットの形状など細部でデザインが異なる。¥41800

(問)アリガインターナショナル tel:03-6659-4126 http://sierra-designs.jp/

KAVU(カブー)

60/40クロスで製作したカブーの「レイニアパーカ」は、マウンパをべースにしながらもミリタリー的なディテールを融合した1着。大きめのフードは急な悪天候にも対応する。¥37400

(問)エイアンドエフ tel:03-3209-7575 https://aandf.co.jp/#/

EMS -Vintage-(イースタンマウンテンスポーツ)

60/40クロスで製作されたイースタンマウンテンスポーツのアノラック。この年代を象徴するようなグリーン×パープルの色使いが雰囲気抜群の1着だ。’90年代。¥5900

(問)デザートスノー1号店 tel:042-727-3660 https://desertsnow77.thebase.in/

【MACKINAW】交易時代を想起させるウール製品。

かつて北米大陸の五大湖であるミシガン湖とヒューロン湖がつながるあたりにあった交易所、通称マッキノーでは、ヨーロッパ人が織った丈夫な毛織物とインディアンが捕獲したビーバーの毛皮がトレードされていた。

それが語源となってメルトンのような目の詰まった丈夫な毛織物は、やがてアメリカではマッキノーと呼ばれるようになった。そしてその名を製品名に冠して売り出したのが1897年にシアトルで誕生したC.C.フィルソン。

丈夫で暖かいマッキノーのアウターは、銃の誤射を防ぐチェック生地がウールリッチによって開発されるなどしたこともあり、次第にハンターたちの間で評判となっていった。マッキノーのジャケットはアメリカで誕生したもっとも古典的なアウトドア用衣料と言えるだろう。

FILSON -Vintage-(フィルソン)

フィルソンの代表作である「ダブルマッキノークルーザー」は現行品では未展開で、さらに青×黒は古着でも希少なので気になる方は是非。US製。’80年代。¥32780

(問)ピグスティ 渋谷神宮前店 tel:03-6427-3392 https://pigshibuya.thebase.in/

WOOLRICH -Vintage-(ウールリッチ)

フィルソンと並びハンターの間で人気の高かったウールリッチのマッキノージャケット。チンストラップや非対称ポケットなどシンプルながら見どころ満載。’50年代。¥22000

(問)バックストリート tel:042-720-0355 https://backstreetstore.jp/

PENNEY’S -Vintage-(ペニーズ)

表地にオンブレチェック、裏地には同素材のバッファローチェックをあしらったフルジップのハンティングジャケット。時代を感じさせるコンマージップも魅力だ。’50年代。¥18000

(問)シーエー tel:03-3313-1710 https://caatkouenji.jp/

【COTTON DUCK】厚手かつ丈夫なコットンキャンバス。

「ダック」というのは日本で言うところの帆布の一種である。しかし一般にコットンダックは、普通のキャンバスクロスよりも厚手で丈夫なものを指し、アメリカでは古くからワークウエアやハンティングウエアの素材として使われてきた。

「ダック」という名称の由来は諸説あり、かつてヨーロッパの船乗りがよく着ていた服に使われていたリネンのキャンバスクロスをオランダ語で表す「Doek」(日本語でスニーカーを指すズックの語源でもある)が語源であるとか、ヨーロッパから穀物等を運んだ丈夫な麻袋に鴨のイラストが書かれていたからなどと言われたりしているが、いずれにせよかつてはリネンで織られていたダッククロスは、やがてコットンが主流になり現在にいたっている。

HINSON -Vintage-(ヒンソン)

オリーブグリーンの本体に赤茶系のコーデュロイ襟が一際映えるハンティングジャケット。シリコンコーティングされたダックを採用し、独特の素材感が楽しめる。’50年代。¥24000

(問)シーエー tel:03-3313-1710 https://caatkouenji.jp/

L.L.Bean(エル・エル・ビーン)

1924年に初めてハンティング用として紹介されたエル・エル・ビーンの「オリジナル・フィールド・コート」。表地には撥水・防汚加工が施されている。¥25300

(問)エル・エル・ビーン カスタマーサービスセンター tel:0422-79-9131 https://www.llbean.co.jp/

Carhartt WIP(カーハート WIP)

胸元がスッキリとしたVネックやフルジップ、パッチポケットなど、レイヤードしやすいシンプルでクリーンなデザインが魅力的なカーハート WIPの「アーバーべスト」。¥25300

(問)カーハート WIP ストア トーキョー tel:03-3402-9810 https://carhartt-wip.jp/

12 >
Tags
GO OUT編集部