OAMCの鉄板ミリタリーライナーに、2021FWの新カラーがラインナップ。

GO OUT編集部

シュプリームの元ヘッドデザイナー、ルーク・メイヤーが主宰するパリ拠点のOAMC(オーエーエムシー)の人気定番アイテムであるミリタリーライナー「ピースメーカー」の2021年秋冬シーズンモデルが発表されました。

 

Clouded Peacemaker Liner F/W 2021 ¥51000

手作業によるドット模様や、バックスタイルにはタックルツイルのPeacemakerロゴ、そして両面に刺繍されたOAMCのロゴが印象的な「Clouded Peacemaker Liner」。USミリタリーの余剰品であるM-65ライナージャケットを再加工・オーバーダイしたもので、不完全な部分が独特の個性を醸し出しており、一点もののヴィンテージウエアとなっています。

背面に大胆に配された「PEACEMAKER」という言葉は、社会問題、環境問題、政治問題に対する思いやりと行動のメッセージを広めることを目的とされています。

今季はタイダイ調のミリタリーグリーンとダークジェイドの2色がラインナップ。いずれも落ち着いたトーンで仕立てられており、秋冬に取り入れやすいカラーリングといえます。

OAMC.comにて数量限定で独占販売中。数量限定での販売となっているので、お求めはお早めに。


■OAMC https://jp.oamc.com

 

Tags
GO OUT編集部

オススメアイテム