ダウンと化繊を適材適所で配した、ミーンズワイルの革新的ハイブリッドJKT。

Shohei Kuroda

ダウンの嵩高性と化繊中綿の保温性を両立するため、背面の一部のみにシンサレートを封入した「meanswhile(ミーンズワイル)」の新作ジャケット。“洋服は身体に最も近い道具”を提唱する同ブランドらしい画期的な一着にフォーカスしました。

Table Of Contents : 目次

計算された素材使いで優れた保温性を確保。

Down JKT ¥96800

750フィルパワーをベースに、前述のようにシンサレートを背面の一部に配置。室内や移動時、キャンプなどでジャケットを着用したままイスに座るときのダウンの潰れによる保温力低下を防いでくれます。

アウターシェルは透け感のあるマイクロリップストップナイロンを採用。ボリュームのあるデザインでありながらも軽やかな着心地が味わえます。

 

ギミックが詰まったブランケットとマフラーも展開。

ジャケットと同じくマイクロリップストップナイロンと高品質ダウンを組み合わせたブランケットとマフラーも用意。ともにミーンズワイルならではの機能的ギミックが盛り込まれています。

Down Blanket ¥88000

バックパックのチェストストラップのように付属のベルトを使えば、ポンチョのように羽織って使えるブランケット。両サイドに配置されたジップを開放すれば、腕が通せてポケットにアクセスできます。両端のドローコードでスリーブを作り出せるので簡易アウターとしても活躍。

Down Muffle ¥18700

両端に施されたドローコードにより、ネックウォーマーにもなる2WAYタイプのマフラー。肌に触れる裏面は肌当たりが心地に優れて汚れにくい裏起毛素材に。

見た目のデザインと心地よい使いやすさを兼ね備えた、“用の美”ともいえるダウンアイテムは現在発売中。一度使うだけでミーンズワイルらしい機能美に圧倒されるはず!!


(問)meanswhile https://store.meanswhile.net

 

Tags
Shohei Kuroda

オススメアイテム