はんてん型のファーストダウン。ざっくり羽織れる、新発想のダウンアウター登場。

Shoichi Yamada

90年代の日本のストリートを席巻し、今もなおアウトドアからタウンユースまで使えるダウンウエアを提案し続ける「FIRST DOWN(ファーストダウン)」。クラシックで普遍的なデザインをベースに進化し続けている印象だが、今作はブランドから日本をテーマにした新提案となっている。

HANTEN DOWN JKT ¥33000

日本の伝統的な衣服である半纏(はんてん)をモチーフにした羽織れるダウンが登場。フロントファスナーを付けることで前から風の侵入を防ぐ防寒機能をUPさせたり、700FPの高品質なダウンを使用しているなど、あくまで実用的に考えられたユニークなデザインにも注目だ。

カラバリは3色で、シンプルで洗練されたブラックに加え、バンダナ柄を大胆にプリントしたコチラも見逃せない。他のダウンアウターと違い、半纏ならではのほどよい抜け感も演出できるため、キャンプシーンのテントの中やコテージで過ごすシーンなど、室内で着るアウターとしてもハマりそう。

日本のトラディショナルな文化や機能美を感じられるデザインと、現代の技術が見事に融合したHANTEN DOWN JKTは、公式オンラインストアで絶賛発売中!アウトドアシーンではもちろん、冬のアウターコーデに変化をつけたいファッショニスタにもおすすめな一品だ。


■FIRTSTDOWN https://www.firstdown-official.com

 

Tags
Shoichi Yamada