話題の新型ダイハツ・タフトをテストドライブ! 魅力はスカイフィールトップだけじゃなかった……!

今夏、ダイハツから登場した新型軽クロスオーバーの「タフト」。バックパックを背負い、アクティブに活動する人をイメージした“バックパック・スタイル”がコンセプトの、アウトドアと親和性の高いクルマです。

圧倒的な積載量や頭上の広々視界など、外遊び人注目の機能が話題となっています。

外遊び好きに人気のニューモデルに乗ってみた!

先日開催されたダイハツ・タフトの試乗会に、GO OUT編集長の関(せき)ジャニ∞が参加。実際タフトの使い勝手や乗り心地はいかほどのものなのか、チェック&リポートしてきました。

 

ルーフに広がる空が気持ち良い、標準装備のスカイフィールトップ。

乗車前にワイドなガラスルーフ”スカイフィールトップ”を確認。開閉可能シェードや、紫外線と赤外線を抑制するスーパーUV&IRカット機能まで備える、タフトの看板的標準装備だ。

「前方の方までガラスがあって、だいぶ開放感があります。オープンこそしませんが、かなり気持ち良いですね!」。

 

空間を調節できるリアのフレキシブル スペースが使いやすい。

リアには広大なラゲッジ”フレキシブル スペース”が。シートアレンジ次第でスタンダードな4名乗車、3名プラス長物、2名と大きな荷物など、シーンに合わせた使い方が可能となっている。

「ヘッドレストを外したらワンタッチでフルフラットに。とてもギア類の積みやすい空間ができます」。

 

アウトドアフレーバーただようディテールに注目。

GO OUTとしては、やはり機能だけでなくルックス面も気になるポイント。

「角張ったシルエットに樹脂製のバンパーがアウトドアっぽくて◎」。

「内装もディテールやシートのステッチにオレンジが。アウトドアイメージの定番色を取り入れてギアっぽさを演出していますね。そうそう、シートの柄が迷彩モチーフなのも特徴的。デジタルカモに近く、男好みの雰囲気です」。

試乗会の会場にもアウトドアテイストの純正カスタム車”チルアウトスタイル”が展示されていた。外遊びをテーマの一つにしているのが良くわかる。

 

街乗りにも便利なパワーとコンパクトさ。

運転したのはNAエンジンのGグレード。ターボこそ非搭載だが、一般道路中心に乗るなら十分な加速力を持つ。

「80kmくらいでもラクに走っている感じ。下道移動が多いなら全然問題ないでしょう」。

 

ギアライクな使い勝手でマルチに役立つ。

「交通量の多い都内だってスムーズに走れ、停める場所も見つけやすい。タフトならだいたい立体駐車場入れますからね。コンパクトなボディに、タフなギア感が詰まった機能的な一台だと思います」。

見晴らし良好なルーフ、状況によってアレンジできる荷室、フィールド映えするデザインなど、評判通り外遊び人に響くファクター満載のダイハツ・タフト。さまざまなフィールドにクルマで足を運んでいる編集長もその魅力を実感できたようです。

ここではザッと紹介しましたが、詳しくは↓の動画をチェック!

GO OUTのYou Tubeチャンネルがスタートしました!  他にも、おしゃれアウトドア派のアレコレを取材した動画をゆる〜いテンションで配信中! 今後もGO OUT本誌と連動した企画を配信予定なので、チャンネル登録お願いします!

 

GO OUT vol.132でも、タフトの実力を徹底解剖!

絶賛発売中のGO OUT vol.132でも、ここで紹介した以上にダイハツ・タフトのテストドライブ体験記を詳しく紹介しています!

その他にも、物欲を刺激するアイテムがたっぷり登場。人気ブランドの秋冬新作ウエアやバックパック、ギアなどすべて目が離せません!

気になった方は下記の販売サイトほか、全国の書店やコンビニ、電子書籍でぜひお求めください。

■OUTDOOR STYLE GO OUT vol.131 定価 ¥780

 

Tags

RANKING

SNAP

MEMBERS

GO OUT ID GO OUT IDとは?

WEBニュースのメールマガジン登録はこちら

STORE

RECOMMENDED ITEM

MAGAZINE

BESSの家〜お宅訪問編〜
電子書籍の購入はこちら
thegoout