OUTDOOR 一軒家 STYLE

温もりあふれる木の家、ジブン仕様の注文住宅、おしゃれな米軍ハウス、D.I.Y.の平屋&古小屋、仲間が集まるガレージなど、おしゃれアウトドア派が選ぶ一軒家、マイホームにお邪魔してきました。マイホームスタイルも部屋のインテリアもこだわり満載です!

関澤ヒデさん(関澤製作所シェイパー)

0 Shares

シェイパーが手掛けた古小屋には自然を愛する心とクラフトマンシップが凝縮。

関澤製作所のサーフボードは全国のコアなサーファーたちがオーダーし、完成を待ち望んでいる逸品だ。

サーフボード・シェイパーの枠にとらわれず何事も自らの手で手掛けるヒデさんは、生まれ育った葉山の山奥で10年前にこの土地を見つけ、アトリエとしてセルフビルド。以降、廃材などを用いながら今も古小屋の創作を続けている。

狛犬が描かれた1階の玄関扉を開けるとサーフボードを削るシェイプルームと、ラミネートをおこなうグラッシングルームが目に飛び込んでくる。過去に使っていたラミネートルームの200キロはあった床を剥いで、壁に配置したラックがインパクト大!

隣接して停めているトレーラーハウスは現在倉庫として活用しており、仲間たちと雑貨を扱うショップをつくろうかと目論んでいるらしく、これからのアトリエの成長が楽しみなところだ。

オーダーしてくれた人には、たとえ九州でも手渡しでサーフボードを届けるヒデさんゆえに、2階の小屋には各地のユーザーからお礼で頂いたという様々なアートやグッズが混在。花井祐介やハイダッチといった、著名アーティストの逸品も多数あり!

「ここにいると動物や虫との暮らし、芝の育て方など、様々なことで日々鍛錬を重ねられます。何よりもの魅力は2階から海を臨むと、波が立っているかがすぐにわかること。誰もいない海でサーフィンを楽しめることもあるんですよ。この10年で、自分自身がすごく自然に溶け込めるようになったと感じています」。

Photo/Atsuo Itakura
Report&Text/Tropical Matsumura
Edit/Yasuo Sato

SPEC

  • エリア:神奈川県三浦郡
  • 間取り:3部屋住宅
  • 形態:2階建て
  • 居住年数:10年
  • 築年数:10年

0 Shares

その他のLivin'

RANKING

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

SNAP

ARCHIVE

GO OUT ONLINE

RECOMMENDED ITEM

MAGAZINE

BESSの家〜お宅訪問編〜
電子書籍の購入はこちら
大人の宝物 ペルル