冬でもおしゃれにキャンプを楽しむための、5つのキーワード。

232 Shares

とにかく寒さ対策が肝心の冬キャンプは、テントサイトも小ぢんまりしてしまう?そんなことはありません! これまでのGO OUT CAMP 冬に参加してくれたキャンパー達は、極寒のキャンプでもおしゃれなサイトを作り上げていました。

そこで、寒い時期に真似したくなる、おしゃれも防寒対策もばっちりなキャンプスタイルを5つのキーワードに分けてご紹介!

KEYWORD 01:カンガルースタイル

シェルター内に小さなテントを入れたカンガルースタイル。ストーブを入れシェルターを閉めると暖かい空気が逃げないので保温性もバツグン。さらに寝室用のテントがあれば、2重の壁になり朝まで快眠間違いなし!(※一酸化炭素中毒になる危険性もあるので、一酸化炭素チェッカーを使用してください)

巨大シェルターは、キッチンまで設置可能。

OWENER:Naggyzさん

大人が10名以上入るMSRのパビリオンを使ったカンガルースタイル。広い室内にはリビングだけでなくキッチンまで完備できるスペースを確保できるので「テントの外には出たくない!」という寒がりな女性にもおすすめ。

自由度の高いシェルターなら、気温差でスタイルチェンジ。

OWNER:松尾 貢さん/美穂さん

スノーピークのアメニティドームを寝室に、ランドステーションの中ですべてを完結させたカンガルースタイル。気温の高い日中は横の壁を跳ね上げ、夜は締め切るなど天候に合わせた張り方が楽しめるのはランドステーションならでは!

コンパクトでも広々快適なお座敷カンガルースタイル。

OWNER:宿利 泰蔵さん/宏美さん

MSRのバックカントリーバーンにニーモのギャラクシーストーム2Pを入れ込んだこちら。付属のフロアシート上にマット、ラグを広げてリビングをお座敷スタイル。小さなカセットストーブでも十分快適だとか。シェルターなしでもカンガルースタイルは可能です!

 

KEYWORD 02:お座敷リビング

寒い冬に靴を脱ぐなんて……と思いきや、意外と冬場のキャンパーに多いのがお座敷スタイル。テント内にストーブを入れ、ラグを敷き詰めるだけで室内は超あったか空間に早変わり。これなら寒さを気にせずまったりと冬キャンプを楽しめます。

広いコットンテントなら、自宅並みの快適室内に。

OWNER:Yoshiさん/かずみさん/ゆまさん/よしあきさん

こちらは寝室・リビングとすべてをノルディスクのアスガルド室内に収めた超快適空間。保温効果の高いコットンテントには石油ストーブをインストール。周りにスノーピークのジカロテーブルを配置して、ストーブを調理台代わりに使ってスペースを有効活用。

フロアレスでも可能! アイデア満載のシェルターinお座敷。

OWNER:あぶさん/みくさん

本来ならフロアレスのシェルターを使ったお座敷リビング。向かって右側には背の高いヘリノックスのコットを配置し、寝室に。左側にはシートとラグを重ねてリビングスペースにしていた。地面からの冷えをシャットアウトすれば、フロアレスでも問題なし!

テントだけでもできる、オールインワン風アレンジの前室。

OWNER:fu.meeさん/ダイスケさん

コットンでできたベイカーテント。片面のみ張っている壁は、夜になると締め切ることができるそう。前室はコットン素材のタープをフロアレスのタープ下部分に敷いているとか。冬キャンプではテント内にいる事が多く、座椅子を使えるようにと思いついたナイスアイデア!

 

KEYWORD 03〜04は、次ページをチェック!

 

Tags

232 Shares

RANKING

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

SNAP

ARCHIVE

GO OUT ONLINE

RECOMMENDED ITEM

MAGAZINE

BESSの家〜お宅訪問編〜
電子書籍の購入はこちら
大人の宝物 ペルル