ニュージーランド発の「マックパック」がおくる、ギア的バッグに注目。

pr
ニュージーランド発の「マックパック」がおくる、ギア的バッグに注目。

1973年にニュージーランドの自然豊かな地で誕生した「macpac(マックパック)」。原生林、氷河、フィヨルドなど多彩な景観に恵まれたフィールドで鍛え上げられたギア的バッグの現在に注目してみました。

定番作のゲッコ誕生当時の面影を残しつつ、背負やすさを両立させた復刻モデルのゲッコクラシック。雨蓋付きのトップローディング型で容量は35L。バックパック:ゲッコクラシック ¥19800/マックパック シャツ ¥12100/マニュアル アルファベッド パンツ ¥28380/ブラスバンド その他スタイリスト私物

マックパックを長年支える、独自素材のアズテック。

ニュージーランドの過酷な自然環境に挑む人々のニーズに適うブランドとして生まれ、地球上のほとんどのアウトドアフィールドで通用するようなギアへと磨き上げられてきた「マックパック」。その高品質なパックを追求するなかで、独自研究によって開発された素材が“アズテック”だ。

摩耗に強いコットンと腐食に強いポリエステルの混紡糸を織り合わせたハイブリッド素材で、専用設計の織り機によって高密度にしっかりと織り上げた後に、特殊なワックス液を浸透させることで、2つの素材の長所を相乗的に高めた強靭な生地に。そんなギア的バッグの代表作と最新モデルからマックパックの魅力を垣間みてみよう。

マックパックを代表する独自素材の「アズテック」は、耐水性に加え、耐久性が高いことでも知られており、リペアシステムも含めて、ニュージーランドでは世代を超えて受け継がれていることも、そのロングライフを物語っている。

低山トレッキングからデイリーユースまで対応。

Kauri Classic ¥17600

丸みを帯びたフォルムが特徴的な定番人気のカウリ。荷室へのアクセスが容易なパネルローディング型で、ポール収納も可能なサイドポケット、ストラップがアクセントにもなる前面にはオーガナイザー付きファスナーポケットを配備。容量30L。

通気性に優れたエアメッシュのバックパネル、ショルダーハーネスシステムともに背負い心地を追求する。

シンプルさにこだわったクラシック風味のモデル。

LiteAlp ¥13200

A4サイズが収納できるシンプルなメイン荷室で、フロントに大型ファスナーポケットを備えたティアドロップデザインのデイパック。ボディ素材には強度の高いアズテック12オンスを採用。こちらの容量23Lモデルのほか、30LモデルのXLもある。

ボトムには夜間の視認性を高めるリフレクター仕様のコードを。実用的なディテールがマックパックらしい。

ニュージーランドの自然に縁あるカラーリングも特徴。


Module 各¥6600

優れた強度と耐水性を備え、使うほどに風合いが増すアズテック製のウエストバッグ。すっきりとしたルックスながらも、じつはタブレットを収納できるほどのサイズ感を実現し、たすき掛けしやすいようにベルトはやや長めに設定する。容量7L。

長めのファスナーに1気室のみの構造で、内部にはベルクロ付きメッシュポケット、キークリップを用意。
  • Photo/Shouta Kikuchi Styling/Tomoyuki Sasaki Model/Victor

(問)ゴールドウイン カスタマーサービスセンター 0120-307-560 www.goldwin.co.jp/macpac/

 

Tags

RANKING

SNAP

MEMBERS

GO OUT ID GO OUT IDとは?

WEBニュースのメールマガジン登録はこちら

STORE

RECOMMENDED ITEM

MAGAZINE

BESSの家〜お宅訪問編〜
電子書籍の購入はこちら
thegoout