小技を効かせてお部屋をオシャレに! 収納力をアップさせる簡単D.I.Y.術。

6 Shares

25日に発売したGO OUT Livin’13は、アウトドア好きの家と暮らしをメインに22人のおしゃれな家とライフスタイルを紹介しています。その中から、賃貸でできる自作アイテムで家の収納を増やしていた例をご紹介!

まだまだ寒さの続くこの季節。家にこもっているなら、簡単にできるD.I.Y.に挑戦してインテリアをアップデートさせてみては?!

レザーがポイント!ナチュラルテイストなラック。

バックパックやアウターを引っ掛けたラックは、木のポール、ロープ、レザー、S字フックを組み合わせたもの。材料はホームセンターで手に入れ、これなら日本の店でも簡単に入手可能!

ポイントはロープの結び目ずれないようにしているレザーのパーツ。これがプラスされるだけでオシャレに変身!ロープもただ結ぶだけでなく、何重にも巻きつけているのが◎。

 

突っ張り棒ではなく、板という選択。

ベッドルームのドアの上に作った収納スペース。鴨居に板を置いただけというのが驚き。

ドアが付いた狭い入り口は、板の四角がすべて鴨居に乗るため、こうして重さのあるものが載せられるそう。

突っ張り棒で収納を作りがちだけれど、こうして木の板に変えるだけでこんなオシャレに見えるなんて、真似しない手はない!

 

はしご状に作ったパーツでアレンジ自在な棚。

奥に見える本を載せた棚も自作アイテム。一番上の板を鴨居に掛け、ポールとロープを使いはしご状にしたものを両サイドに設置。そのポールに板を載せるだけで棚が完成!

このはしご状につなげたポールを増やせば、棚板も増やすことができるので、収納したいアイテムに合わせて幅を変え、自分仕様にアレンジできそう。

 

寝袋は、ドアが収納場所だった!

シンプルなフックとYouTubeを見て作ったという自作ネットで、ドアを収納スペースに変貌。

寝袋を広げた状態で保管できるこのアイデアは、ネットの上下にゴムを通し、ドアに貼り付けるだけと超簡単!

多少ゴムと扉の間に遊びは必要になるが、ネットがしっかり寝袋を抑えてくれるのでバタつかず、小物なども一緒にしまえるそう。

 

見た目以上に簡単なD.I.Y.アイデアを教えてくれたのは、アメリカに住むジョナサン・ラハマニさん。日本の文化が好きだと言う彼の家は、日本人にもお馴染みのブランドが登場するなど、私たちも参考になるアイデアばかり。

そんな彼の部屋をじっくり見たいという人は、ぜひ「別冊GO OUT Livin’13」をチェック!

別冊GO OUT Livin’vol.13 定価¥990

Tags

6 Shares

RANKING

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

SNAP

ARCHIVE

GO OUT ONLINE

RECOMMENDED ITEM

MAGAZINE

BESSの家〜お宅訪問編〜
電子書籍の購入はこちら
大人の宝物 ペルル