間仕切りにも収納にも。自作の壁で部屋を一新!【賃貸物件でもできるD.I.Y.アイデア】

5 Shares

最近は部屋づくりでの定番となりつつあるD.I.Y.。今回、インテリアを特集した別冊GO OUT Livin’10で取材させてもらった、奥平さん(@okudaira.m)に、賃貸で使えるアイデアを伝授してもらいました。

2回目となる今回は、キッチンから玄関が見えないようにと作った壁を伝授します。デザイン性もバツグンなうえ、柱部分は重いものを引っ掛け収納できる点もおすすめポイント。

ベッドとリビングの目隠しに、1Rの間仕切りにと、さまざまなシーンで使える便利なD.I.Y.ネタです。

まず、2×4材で3本柱を立てます。天井までの長さ-450mmにカットした2×4材の両端に、柱を傷つけずに固定させるディアウォールをセット。やや斜めに傾けて柱をスライドさせるように突っ張ります。(この柱の付け方は1回目の記事でも詳しく紹介しています。)

次に壁となる板を付けていきますが、奥平さんが選んだのはホームセンターで購入した3×6板(サブロクバン)というもの。サイズが1820×910mmと大きい割りに、1枚で約1000円から1300円程と手頃な値段でゲットできる素材です。

このほかにも、MDFやOSBなど壁に使える板の種類は豊富にあるので、理想の部屋に会う素材を選べるのも◎。

選ぶ時のポイントを教えてもらうと、「F☆☆☆☆」と書かれたものを選ぶことだそう。人体に影響を及ぼす数値を表しているため、「F☆☆☆☆」は問題なく使えるのだとか。

奥平さんが作った壁は、左側にはリサイクルショップで買った格子状のパネルを付けることで、インテリアのアクセントに。もちろん、いろいろな素材を組み合わせたり、シンプルに全てサブロクバンを使うなど、部屋に合わせた仕様に仕上げることができるのもD.I.Y.ならでは!

仕切りになる壁は、裏面と表面の両面を活用できるのもとても便利。穴を開ける必要がある包丁マグネットやフックなど、話題のインテリアアイテムも気兼ねなく使用できます。

このワザを使えば、自分好みの間取りだけでなく憧れの小物も使えるなど嬉しいことだらけ!

 

こちらの詳細動画も公開されているので。奥平さんのYouTubeチャンネルもチェックしてみてください。

Tags

5 Shares

RANKING

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

SNAP

ARCHIVE

GO OUT ONLINE

RECOMMENDED ITEM

MAGAZINE

BESSの家〜お宅訪問編〜
電子書籍の購入はこちら
大人の宝物 ペルル