シンプルなトーンで統一された、自宅兼ベーグル屋。【ジブン的ライフな、マイホームSTYLE】#3

GO OUT編集部

こだわりの「家」で、趣味やシゴトをジブン流に楽しむ、理想の暮らし。休日に好きなことを楽しんだり、最近は仕事で過ごす時間も増えていたり、みなさんのライフスタイルの拠点といえる「家」で、好きなものに囲まれて、快適に暮らす達人たちのマイホームを拝見してまいりました!!

今回は、四季の植物に囲まれた自宅に奥さまの営むベーグル屋を併設する一之瀬さんのお宅をご紹介します。

Table Of Contents : 目次

地元密着のベーグル屋を併設し、四季を感じられる庭づくりも魅力。

市之瀬 亮さん(Festival Life ディレクター)

戸建てを新築すると同時に、その一角に奥さまが運営するベーグル屋をオープンさせた市之瀬さん。リビングや店舗スペースに共通するのは、シンプルなトーンで統一された、ナチュラルな雰囲気。

「白壁をべースにした清潔感のある内装を心がけました。そこにヴィンテージの家具や地元の木材を使ったスツール、ドライフラワーをアクセントにしています。これからD.I.Y.でテーブルを作ろうかなと」。

地元の材木屋で仕入れてきた薪や角材がラックに並ぶ。「これから庭の一角にファイヤーピットのスペースを作る予定」。さらに大小さまざまな植物を鉢植えしたり自生させたりしている。

さらに庭には多くの観葉植物も。「いまはハーブやオリーブ、向日葵を植えています。もっと季節の草花を植えて、なるべく四季を感じられる庭にできたらいいですね」。

ナチュラルな雰囲気で統一された内装。

リビングは家族が集まるリラックス空間。一角には夫婦それぞれの作業スペースも確保。「なるべく白壁を残したいから、オブジェなども最低限にして、額装のアートも飾っていません」。

リビングでは無印良品のカウチソファーを愛用。「なるべくナチュラルなカラーリングと素材を選びました。3人家族には大きすぎるくらいのサイズです(笑)」。

こちらが『ロータスベーグル』の店内。この夏でオープン1周年となるが口コミで話題となり夕方には完売するほどの人気店に。「最近は都内や県外から買いに来てくれる方も増えました」。

【SPEC】
・エリア:埼玉県飯能市
・間取り:3LDK+店舗
・住宅形態:一戸建て
・住居年数:1年
・築年数:約1年

GO OUT vol.155には、おしゃれなマイホームSTYLEが満載!

絶賛発売中のGO OUT vol.155 9月号「家と車。」では、趣味やシゴトをジブン流に楽しむ理想の暮らし「マイホームSTYLE」と、アウトドアギアのようにライフスタイルに似合うクルマ「マイカーSTYLE」を大特集。さらに「夏の“涼”アイテム」と、今月も内容盛りだくさんでお届けします。

気になる人は下記の販売サイトほか、全国の書店やコンビニ、電子書籍でぜひお求めください。

■OUTDOOR STYLE GO OUT vol.155 定価 ¥850

Tags
GO OUT編集部