アルペンアウトドアーズで作る、緑あふれるボタニカル空間。【Alpen“in”doors vol.5】

pr

日本随一の大型アウトドアセレクトショップ「Alpen Outdoors(アルペンアウトドアアーズ)」。

アウトドアギアやウエアなど圧倒的な在庫数を誇る人気ショップですが、そんなアルペンのアウトドア知識豊富なスタッフと、日頃からアウトドアギアを活用するアクティブ派なスタイリストがタッグを組んで、おうち時間を充実させる、機能的な空間を作り上げる連載企画。

前回の“夏の遊べる庭”に続いて、第5回目となる今回のテーマは『ガーデニング』です!

アルペンで緑に囲まれた暮らしをはじめよう。

手軽にはじめられて、日常に癒しと充実した時間をもたらすガーデニング。お気に入りの植物を眺めたり触れ合うことで心も落ち着き、結果的にQOLの向上にもつながる。

そこで今回は、横浜は天王町のフラワーショップ「The Bulb Book」オーナーの中鉢祥太さんをゲストに、ガーデニングでも使える、アウトドアギアを用いたボタニカルな空間作りを考案。

フィールド向けに作られたアウトドアギアはガーデニングとの相性も抜群。アルペンオリジナルのワゴンボードをはめたコールマンのアウトドアワゴンを中心に、キャンプでも使用頻度の高いナイフや ショべル、蚊取り線香などをチョイス。薪入れ用のブリキバケツも、自宅では植木カバーに変身。

この夏は手持ちのギアを活用したガーデニングに挑戦して、自宅にいながら自分だけの心休まる空間を作り上げよう。

  • 【使用アイテム】
    左奥から、バイヤーのスツール ¥7700、マーキュリーのキャンバスオーバルバケツ ¥2090とキャンバスバケツ ¥1430、コールマンのアウトドアワゴン ¥13800、アウトドアワゴンにはめたアルペンアウトドアーズのワゴンボード ¥3258、ハリオのドリップポットウッドネック ¥4950、ダルトンのジョウロ ¥2970、村の鍛冶屋のステンレス蚊取りホルダー ¥4400、オルファワークスのフィー ルドナイフ ¥1540、ロゴスのショべル ¥4950、バイヤーのチェア ¥9680、マーキュリーのブリキバケツ ¥2200、イグニオの2段ラック ¥1639、マーキュリーのブリキミニバケツ 各¥660、ノースフェイスのグローブ ¥13750、その他スタイリスト私物

 

 

今月のONE POINT

ハリオドリップポット・ウッドネック ¥4950

植物の魅力を引き立たせる花器は、自宅のディスプレイとして楽しめる重要なインテリア。アウトドアのテイストを取り入れた空間作りにおすすめの花器として、キャンパーにも人気の高いネルドリップを代用。美しい曲線を描く耐熱ガラスに、ナチュラルな印象を与えるオリーブウッドがアクセント。シンプルなデザインなので、落ち着いた色味の花やグリーンにもマッチしてくれる。

 

スタッフ&ゲストのイチ押しアイテム。

室内で過ごす機会の多い昨今、あらためて注目されている“ガーデニング”。キャンプはもちろんのこと、自宅のガーデニングにも機能的に使えるアウトドアギアの中から、ゲストとアルペンスタッフのイチ押しアイテムをピックアップ!

 

【「TheBulbBook」オーナー中鉢さんのイチ押しBEST4】

中鉢祥太さん/「TheBulbBook」オーナー

横浜天王町のフラワーショップ「The Bulb Book」を営む傍ら、自身もフラワーアーティストとして、 野外フェスの会場やキャンプ場、アパレルショップなどの植栽を手がけている。

01. 村の鍛冶屋の蚊とりホルダー

ステンレス蚊とりホルダー ¥4400

金属加工の街、燕三条エリアで作られた蚊とりホルダー。「ガーデニングに虫はつきもの。虫除けとしての機能はもちろん、錆びにくく強度が高いオールステンレス製で水がかかっても安心」。

 

02. THE NORTH FACEのキャンプグローブ

Fieludens Firefly Glove ¥13750

耐久性の高いレザーと熱伝導率の低いエアロゲルを組み合わせたキャンプグローブ。「趣味程度のガーデニングならば、専門用ではなく機能性の高いキャンプ用のグローブを代用してもいいですね」。

 

03. LOGOSのショベル

The shovel ¥4950

サイズ調整可能なショべル。その他の機能として緊急時に役立つウインドハンマーやホイッスル付き。「パーツを3つに分解できるコンパクトなサイズ感は、家庭でのガーデニングにぴったりです」。

 

04.DULTONの軽量ジョウロ

COLLAPSIBLE WATERING CAN ¥2970

ボディとノズルを折り畳める軽量ジョウロ。「これはボディが薄いので持ち運びもしやすく、ビジュアルもいい。泥などの汚れ落としのためにキャンプにも持っていきたいですね」。

 

【アルペンスタッフ平山さんのイチ押しBEST4】

平良昌博さん/アルペンアウトドアーズ ららぽーと横浜店 店長代務

幼少期から地元の沖縄県でウォータースポーツを楽しんでいたアクティブ派で、サイクリングレースへの参加経験も。また、ロッククライミングでは15mの崖を登り切ったこともあるという。

01. Mercuryのブリキバケツ

(奥)ブリキバケツ レギュラー  各¥2200、(手前)ブリキミニバケツ 各¥660

多種多様なサイズとカラーバリエーションが魅力のブリキバケツ。「定番の人気商品で、最近は植木カバーとして購入されるお客様も増えています」。

 

02. OLFA WORKSのフィールドナイフ

FIELD KNIFE FK1 ¥1540

カッターのように刃の交換ができるフィールドナイフ。「波型研磨刃によりロープやペットボトルもスムーズにカット。剪定や根切りなど、ガーデニングでの細かい作業にも適していますよ」。

 

03.Colemanのアウトドアワゴンとアルペンアウトドアーズのワゴンボード

Outdoor wagon ¥13800、Wagon board ¥3258

対荷重約100kgのアウトドアワゴンに、アルペンオリジナルのワゴンボードを組み合わせてテーブルに。 「荷物入れとテーブルを兼用すれば庭の空間が有効活用できます」。

 

04. IGNIOのラック

ウッドラック2段ラックワイド  ¥1639

杉材を生かした折りたたみ式2段ラック。「ガーデニングやキャンプ、インテリアなど、さまざまなシーンにマッチする汎用性の高い商品。取り外し可能な台はスノコとして使っても◎」。

 

ららぽーと愛知東郷店 2020年9月14日オープン!

アルペンアウトドアーズの旗艦店が愛知に誕生する。約1100坪の売り場で、1階はキャンプ用品、2階はアパレルを中心に、トレッキング・トレイルランニングなど300ブランド、6万点以上のアウトドアに関わる様々なアイテムが豊富にラインナップ。

テントを試し張りしたり、トレッキングシューズを履いて歩ける登山道さながらの石畳なども備えた、体験型アウトドアショップ。 住所:愛知県愛知郡東郷町東郷中央土地区画整理事業62街区1-3 ららぽーと愛知東郷 1・2階

  • Photo/Fumihiko Ikemoto Styling/Shota Nakahachi
  • Text/Yuna Nagahama(EditReal)

(問)アルペン アウトドアーズ ららぽーと横浜店 tel:045-929-1761 www.alpen-group.jp

アルペン公式オンラインストア https://store.alpen-group.jp/outdoors/CSfOutdoorTop.jsp

 

  • アルペンアウトドアーズで作る、緑あふれるボタニカル空間。【Alpen“in”doors vol.5】
  • アルペンアウトドアーズで作る、緑あふれるボタニカル空間。【Alpen“in”doors vol.5】
  • アルペンアウトドアーズで作る、緑あふれるボタニカル空間。【Alpen“in”doors vol.5】
  • アルペンアウトドアーズで作る、緑あふれるボタニカル空間。【Alpen“in”doors vol.5】
  • アルペンアウトドアーズで作る、緑あふれるボタニカル空間。【Alpen“in”doors vol.5】
Tags

RANKING

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

SNAP

ARCHIVE

GO OUT ONLINE

RECOMMENDED ITEM

MAGAZINE

BESSの家〜お宅訪問編〜
電子書籍の購入はこちら
thegoout