キャンプや防災に。カセットボンベとガソリンで使える、2WAY式携帯発電機!

カセットボンベ、ガソリンのどちらでも使いたい燃料を選んで発電ができる2WAY式携帯発電機登場。2022年12月23日から始まった「クラウドファンディング」では達成率350%を超える人気ぶりだ。

「KG-101C」はシーンに合わせて使い分けしやすいインバータ式発電機。“カセットボンベ”と“ガソリン”の2種類のどちらの燃料を選んでも最大出力は変わらず、1000Wまでの出力をいつでもどこでも使用することができる。

カセットボンベはコンビニやスーパーでも調達しやすく、手を汚さず手軽に取り付け・取り外しができるので、すぐに電気を使いたい時や短時間の使用時にオススメ。通常カセットボンベ内のガスは気温10℃を下回ると気化しづらくなるが、こちらのモデルはガスの気化を促進するヒーターと温度センサーを搭載しているため、-5℃の寒い環境でも安定した発電が可能。この機能により、寒さに弱いカセットボンベでも一発始動する。

ガソリン発電の場合は自動車用のレギュラーガソリンを使用。コストパフォーマンスが良く安定して発電ができるため、アウトドアでの使用や災害時など電気が長時間使用できない時には最適だ。

クラウドファンディングは1月31日(火)まで。この期間に申しこむと割引価格(40%オフの場合 97680円)で購入できるので、気になる方は是非ご検討を。


(問)Forêt de Gardien  www.foret-dg.com/

Tags
Seijiro Eda