TARPtoTARPが手がけた超高品質なタープポールは、生涯最後のポールになり得る究極の逸品。

横浜の「TARPtoTARP(タープトゥタープ)」は、キャンパーが集うカフェでありながら、オリジナルブランドも展開している。今回紹介したいのは、究極のクオリティを追求したタープポールだ。

TARP POLE ¥110000

アルミの総合メーカー「UACJ」と協業して生み出されたタープポール。思わず価格に驚いてしまうが、納得の超高品質を実現している。タープ トゥ タープの公式WEBサイトには「最後のポール」とのキャッチコピーが。キャンパーが生涯に使う最後のポール、つまりもうポールの購入は必要なくなるという意味だ。

ビーズブラスト加工により、表面は息を呑む美しさ。トップやジョイントなどのパーツはアルミ削り出しで、耐久性の劣るプラスチックは一切使われていない。

当ポールは3本連結式で、すべてをつないだ状態でもアジャストピンによって長さを調節可能(2,225~2,275mm)。またアジャストピンが迷子にならないよう、溝が掘られている。

一見してシンプルに見えるが、実用新案出願中の特殊金具を内蔵しているなど、究極的に品質が追求されている。ちなみに開発に協力したUACJは、宇宙開発に関わる実力派企業だ。

8月中旬にオーダーを受け付けていたが、残念ながら第一弾の受注は終了している。今後も受注生産で販売していく予定なので、こちらの特設サイトの動きに注目したい。

【SPEC】
展開サイズ:Φ33mm×L2,775mm
収納サイズ:L765mm
重さ:1,960g


(問)TARPtoTARP tarptotarp.com/

Tags
Minoru Akiba