エアフレームテントのヘイムプラネットに、クリーンな2トーンカラーに仕上げた新作が登場。【買えるGO OUT】

Shohei Kuroda

2009年から製品化への開発を進めて2年半後、アウトドアシーンに一石を投じたエアフレームテント“THE CAVE”を発表した「HEIMPLANET(ヘイムプラネット)」。その後も次々と革新的なギアを世に送り出してきた同ブランドから新作テントが登場しました。

届けられた新作はどれもヘイムプラネットらしい、フィールドにあるだけで画になるデザインと使い勝手に優れるスペックを両立。所有することでキブンが高揚するようなプロダクトをご紹介します。

Table Of Contents : 目次

フィールドを幻想的に映すソロテント。

FISTRAL classic

2本のエアフレームを空気を送り込むだけで設営できる、総重量2.5kgという軽量タイプのソロテント。土間を広く設けた近未来的なフォルムは、緑あふれるフィールドに置くだけで幻想的な雰囲気を演出してくれます。

クリーンな印象を与える2トーンカラー。

THE CAVE classic

ヘイムプラネットを代表するモデルの新色は、モノトーンをベースとしたクリーンなバイカラー。独立した5つの空気室がスムーズなセットアップを可能にします。

純正の専用ポンプもラインナップ。

DOUBLE ACTION PUMP

エアフレームテント専用のポンプは、安定した空気を送り込んでくれるアルミピストンを採用。軽量かつ持ち運びに便利で、付属するマルチアダプタを使えば同社のテントだけでなく幅広い用途に対応します。

ドイツが誇るエポックメイキングなテントはGO OUT Onlineにて発売。空気を入れて立ち上がる手軽さは一度使えば手放せなくなるほど。キャンプをより楽しむべく至高のテントをチェックしてください!!

Tags
Shohei Kuroda

オススメアイテム