ジャパンメイドの美デザイン。コンパクト設計の斬新焚き火台を発見。

Shinya Miura

いま高感度なインテリア好きのあいだで話題となっているショップ「セカイクラス」。“世界一ワクワクするホームセンター”をコンセプトに、世界中から集めたインテリア、ヴィンテージアイテム、DIYパーツ、アウトドアグッズなどが揃い、セレクトショップ感覚で楽しめる異色の『ホームセンター』だ。

そんなセカイクラスによるアウトドアブランド「KICHI(キチ)」の第一弾アイテムとしてラインナップした、ミニマルで美しい焚き火台に注目。

Table Of Contents : 目次

セカイクラスらしいミニマルデザインの焚き火台。

「KICHI FIRE PIT -焚火台-」¥15800

「KICHI FIRE PIT(キチ ファイヤーピット)」は、ほかの焚き火台とは一線を画すミニマルな佇まいが特徴の組み立て式焚き火台。一見、無機質な印象を受けるデザインながらも、炎が上がることで美しさを増し、絵になる焚き火シーンを演出してくれる。

町工場と共同開発したジャパンメイドで、素材特性や加工方法から逆算して導き出された無駄のないデザイン、最低限のパーツと構造で実現する機能性、収納時の厚さ2cmの携帯性を兼ね備えた焚き火台に仕上がっている。

見た目だけじゃない。機能も考えられたデザイン。

印象的な無機質な佇まいを生み出している一つの工夫が、煩雑な印象になる接合部が見えないように内側にしていること。これによりエッジをシャープに見せつつ、接合強度の安定感も高めた構造になっている。

また、四角形プレートを組み合わせた逆ピラミッド型のデザインは、見た目の美しさだけでなく薪をしっかりと燃え上がらせるために計算された構造になっているという。下部のスリットを含む複数の吸気孔から空気を取り込むことで、高い燃焼効率を実現。薪同士やロストルとの間に空間を生み、常に空気を取り込め安定した炎があがる構造になっている。

焚き火調理にも対応。ダッチオーブンもOK!

脚部はワイヤースタンドで華奢に見えるが、実は30kgの重量でもしっかり支える耐荷重強度を備えている。また、スタンドには三脚構造なので凹凸のある地面でもしっかり安定。大ぶりの薪でも安定して組むことができるのはもちろん、ダッチオーブンなどの重量のある調理器具にも対応。グループやファミリーキャンプでの焚き火調理にも活躍する。

また、大きな開口部と専用ゴトクにより、市販のさまざまなサイズ・形状の網や鉄板にも対応するので、料理の幅も広がりそうだ。

厚さわずか2cmのコンパクト収納。

全てのパーツに温度変化や耐食性に優れたオーステナイト系ステンレスSUS304を使用。同じ形状のパーツ3つずつ組み上げていくシンプルな構造なので、組立・分解は簡単だ。

平面パーツで構成されているので、収納時は厚さ2cm、重さも1.9kgと軽量コンパクト。荷物の隙間にもサッと入れ込むことが出来る。

また、組み立て式ながらも、組み立てた後は接続部分がしっかりかみ合って、持ち上げてもばらける事なく形状を保つので、位置の移動や後片付けがラクなのも嬉しいポイントだ。

【SPEC】
使用サイズ:W350×D431×330mm
収納サイズ:W320×D280×20mm
重量:1.9kg
耐荷重:30kg
素材:ステンレス(SUS304)


(問)セカイクラス  tel:046-204-4502  sekai-class.com/

Tags
Shinya Miura

オススメアイテム