YOKAの大人気テントに新型が登場。煙突対応&TC素材で冬キャンプに◎!

Minoru Akiba

ウッドパネルの組み立て式アウトドアファニチャーで名を馳せたYOKA(ヨカ)は、今やテントから焚き火台、ナイフまで揃える総合ブランド。このたび発表された新作3アイテムも、YOKAらしく個性的に仕上がっている。

Table Of Contents : 目次

自分でオリジナルスパイスをミックス。

YOKA SPICE CRUSHER ¥4180

新作1つ目は、スパイスクラッシャー。ホールスパイス(原型のまま乾燥させたスパイス)を挽いて、好みのスパイスをミックスすることができる。「ほりにし」をはじめとしたアウトドアスパイスのブームが続いているが、自分だけのオリジナルスパイス作りに挑戦することを可能にする。

直径は10cmとアウトドアに持ち出しやすい大きさ。さらにすり鉢部分が中心からズレているため、すりこぎ棒を本体に収納可能。これらを付属のコットン袋に入れれば、持ち運びも快適だ。

【SPEC】
サイズ:Φ100×H50mm
重量:240g
材質:サペリ(オイル仕上げ)
付属品:コットン袋

 

盛り付けが映える分厚いカッティングボード。

YOKA CUTTING BOARD ¥4620

新作の2つ目が、こちらのカッティングボード。長辺30cmとアウトドアでほどよいサイズは、ソロからファミリーまで難なく対応。一方が丸みを帯びたデザインもスタイリッシュだ。ちなみにYOKAからカッティングボードがリリースされるのは、意外にも初めてのこと。

2cmもの厚さがあるため、盛り付け時にも独特の存在感を発揮する。光沢と木目の美しい木材「サペリ」を採用したこともあり、見栄えは上々だ。

【SPEC】
サイズ:W185×D300×H20mm
重量:640g
材質:サペリ(オイル仕上げ)
付属品:コットン袋

 

ベイカーテント×パップテントな煙突対応テント。

YOKA CABIN ¥75900

そして3つ目が、こちらの薪スト対応テント。ノスタルジックなベイカーテントに、ミリタリーテントの代表格・パップテントの構造を組み合わせた斬新な意欲作だ。素材は火の粉に強いTCを採用、サイズは2~4人に対応する。天井高は最大で220cmもあり、幕内にこもるスタイルでも快適に過ごせそう。

カラーはさきほどのダークカーキの他、写真のアイボリーがラインナップ。詳しい情報はまだ届いていないが、ハーフオープン、フルオープンといった張り方のアレンジも多彩らしい。

【SPEC】
サイズ:W270×D355×H220cm
重量:11kg
カラー:ダークカーキ、アイボリー
材質:TC
付属品:収納袋、雨除け幕

スパイスクラッシャーとカッティングボードは12月1日発売、テントは12月中に予約が開始される予定。YOKA WEB STOREをチェック!


(問)トゥエルブトーン tel:03-5708-5300 https://yoka.stores.jp

 

Tags
Minoru Akiba