ソロキャンプで焚き火を楽しむならコレ! コンパクトな焚き火台6選。

揺らめく炎を見つめながら、ひとり杯を傾ける贅沢な時間。そんなソロキャンプの楽しみに欠かせないのが焚き火台。焚き火台が一つあれば、暖をとるだけでなく、お湯を沸かしたり、料理をしたりもできるので、ソロキャンプでもぜひ使いたいアイテムだ。

今回は一人で焚き火を楽しむのにピッタリなコンパクトな焚き火台6アイテムをセレクト。

2019年の最新焚き火台セレクトも、併せてチェック!
【誰もが欲しがる! おしゃれキャンプ必携の焚き火台セレクト26。】

01. 世界最軽量クラスの「NINJA FIRESTAND」。

PaaGo Works「NINJA FIRESTAND」 ¥13200

ニンジャタープなど個性的なデザインとアッと驚く機能を備えたモノ作りをしているブランド「PaaGo WORKS(パーゴワークス)」の焚き火台。

重さはわずか280gで、世界最軽量クラス。ステンレスのメッシュとパイプを使用し、五徳と一体型となったシンプルなデザインながら煮炊きには十分な強度を備えている。

【SPEC】
サイズ:縦36cm×横36cm×高さ30cm
重量:280g
素材:ステンレス
付属品:収納ケース、火吹棒

(問)パーゴワークス tel:042-312-2865 https://www.paagoworks.com/

 

02. コンパクトさとタフさを両立した「SATELLITE FIREBASE」。

muraco「SATELLITE FIREBASE」 ¥18700

埼玉の金属加工工場から生まれた気鋭のアウトドアブランド「muraco(ムラコ)」初の焚き火台。

トレードオフになりがちな「軽量・コンパクト」と「堅牢性」を両立させているのがこの焚き火台の特徴。アームとレッグを折りたたんで収納すると棒状になり、マイクロメッシュで本体を包めばコンパクトに収納が可能だ。

【SPEC】
サイズ:縦43cm×横46cm×高さ24cm(収納サイズ:直径7cm×L41cm)
重量:1790g
素材:ステンレス304(本体)、アルミニウム合金(メインフレーム)、耐熱ステンレス(マイクロメッシュ)
付属品:マイクロメッシュ、スタッフサック

(問)シンワ tel:0120-351-665 https://www.muracodesigns.com/

 

03. 火床に特殊耐熱クロスを使った「ワイヤフレーム LITE」。

monoral「ワイヤフレーム LITE」¥15950

火床に特殊耐熱クロスを使用し、分解折り畳み式アームと組み合わせることで、どこにでも持ち歩ける軽さ・コンパクトさを持ち合わせた「monoral(モノラル)」の焚火台「ワイヤフレーム」をさらに軽量・コンパクト化したのがこの「ワイヤフレーム LITE」。

火床サイズは従来型のワイヤフレームと共通だが、薪の積載重量は1kg少ない2kgとなっている。

【SPEC】
サイズ:縦37cm×横37cm×高さ22.5cm(収納サイズ:直径14.5cm×L41cm)
重量:650g
素材:特殊耐熱クロス/ステンレススチール/アルミ合金

(問)MONORAL tel:042-703-4933 http://monoral.jp/

 

04. 焚き火調理に最適な「COOKING FIRE PIT SOLO」。

YOKA「COOKING FIRE PIT SOLO」13200

ウッディーでナチュラルなキャンプファニチャーを中心に展開するブランド「YOKA(ヨカ)」のコンパクト焚き火台。

人気の焚き火台クッキングファイヤーピットをソロキャンプに最適なバックパックサイズに小型化した弟分で、収納時の厚さは4センチ。安定感が抜群でグリルもしっかりしているので、小型クッカー2つをのせての調理も可能となっている。大きな薪は入らないので、ノコギリがあると便利だ。

【SPEC】
サイズ:縦17.3cm×横32cm×高さ22.8cm(収納サイズ:縦17.3cm×横32cm×高さ4cm)
重量:3kg(グリル含む)
素材:鋼鉄
付属品:収納用麻袋

(問)YOKA https://yoka.co.jp/

 

05. オートマティックに焚き火を楽しむ「FIREWAALL +」。

SPORTES Outdoor Tools「FIRE WAALL + Wind Blades」 ¥30800

焚き火に関するギアを中心に、手軽に使える機能性と斬新なデザインを持ったギアを展開するカナダのアウトドアブランド「SPORTES Outdoor Tools(スポルテス アウトドアツールズ)」の焚き火台。

その名の通り薪を壁のように横向きに積むことで、オートマティックに焚き火を楽しめるという焚き火台。グリルが付属するので焚き火調理も可能。組み立て式でコンパクトに収納できるので、ソロキャンプにも最適だ。

【SPEC】
サイズ:縦19cm×横33.6cm×高さ33cm(収納サイズ:縦19cm×横33.6cm×高さ5cm)
重量:2,320g
素材:SUS304 ( 耐熱性ステンレススチール)

(問)スライブ 044-789-9328 http://thrive-japan.jp/

 

06. 直火感覚が楽しめる「ウルトラライト ファイヤースタンド35×44 Ver.1.0」。

Bush Craft「ウルトラライト ファイヤースタンド35×44 Ver.1.0」 ¥9680

最後に紹介するのは、必要最小限の道具のみで野山に分け入り、できるだけ現地にあるものを利用して自然の中で過ごす「Bush Craft(ブッシュクラフト)」を専門とするメーカーが作った焚き火台で、直火に近い感覚で焚き火が楽しめるのが特徴。

火床がフルフラットで火面から地面までが10cm以下ととても低く、シンプルなデザインで重さはわずか352gと軽量だ。芝生などの上で使う場合、植生へのダメージがあるので使用する際には注意が必要となる。

【SPEC】
サイズ:縦35cm×横44cm×高さ8cm(収納サイズ:縦7cm×横7cm×高さ7cm)
重量:352g
素材:チタン(フレーム)、ステンレスメッシュ(火床)
内容物:ステンレスメッシュ × 1、ステーブルスキッド × 2、サイドバー × 2

(問)ブッシュクラフト https://www.ブッシュクラフト.jp/

 

自分のスタイルに合った焚き火台を選ぼう。

ゆっくりと流れる時間を楽しむのがソロキャンプなら、焚き火はその中心にある存在。一人用の焚き火台は、個性豊かなアイテムが揃っている。自分のスタイルに合った焚き火台を見つければ、ソロキャンプがもっと楽しくなるのは間違いない。

ちなみに焚き火台といえば、友人同士やファミリーで囲める多人数用のアイテムをまとめたこちらの記事も、併せてチェックしてみては?

Photo/Shouta Kikuchi, メーカー提供

Tags

オススメアイテム

RANKING

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

SNAP

ARCHIVE

GO OUT ONLINE

RECOMMENDED ITEM

MAGAZINE

BESSの家〜お宅訪問編〜
電子書籍の購入はこちら
大人の宝物 ペルル