野性味あふれる焚き火台。気鋭「ノーボックス」の小型でタフな硬派モデル。

ピンポン玉のようなLEDライトテープ式のLEDライトなど、ユニークな製品で知られる「NoBox(ノーボックス)」が、今度はウッドストーブをリリース。平べったく収納できるコンパクト仕様ながら、ダッチオーブンの重量にも耐えられるタフなヤツだ。

ワイルドな焚き火調理を。

Flat Stove(フラットストーブ) ¥6600

こちらがノーボックスがリリースするウッドストーブ「フラットストーブ」。ノーボックスといえば個性的なLEDライトでお馴染みだが、じつはテントやタープも手がけており、今回はいよいよ焚き火ギアの発売となる。

3枚の側面で三脚のように自立し、底部に火床が配置されるシンプルなつくり。真上から見ると三角形となり、その頂点と辺をつなぐ形でゴトクを設置できる。シンプルゆえに本体自体が耐荷重に優れ、また厳重に張り巡らされたゴトクにより、重量級の調理器具も使用可能だ。

サイズは長辺が約28cmで高さが約20cm。コンパクト性が売りのウッドストーブは、見合った燃料(小枝)の調達が面倒なものだが、それほど苦にならない絶妙なサイズだ。そして前述したように耐荷重が優秀なので、鋳鉄製のフライパンやダッチオーブンもイケる。

ちなみに燃料は、木炭やペレットでもOK。また底の火床を取り外し、直火に被せる形で純粋にゴトクとしても使うことができる。

 

板状に分解できて収納はコンパクト。

分解した状態がこちら。すべてのパーツは板状で、重ねると薄くコンパクトに。重量は約2.5kgとそこそこあるが、そこは頑丈さと引き換えにした結果。バックパックでの持ち運びは厳しいかもしれないが、ツーリングキャンプやオートキャンプなら問題ない。

品のいいデザインの収納バッグが付属するのも嬉しい。小型のウッドストーブを探しているアウトドアマンは、ぜひ候補に入れてほしい。

【SPEC】
組立サイズ:27.94×22.86×20.32㎝
重量:約2.5㎏
材質:亜鉛メッキコーティングされたステンレス鋼(本体)、ポリエステルとナイロンの混紡(バッグ)

発売は8月の予定。こちらのブランド公式オンラインストアに並ぶのが待ち遠しい。


(問)エイアンドエフ tel:03-3209-7579 http://barebonesliving.jp/product/nobox/

 

  • 野性味あふれる焚き火台。気鋭「ノーボックス」の小型でタフな硬派モデル。
  • 野性味あふれる焚き火台。気鋭「ノーボックス」の小型でタフな硬派モデル。
  • 野性味あふれる焚き火台。気鋭「ノーボックス」の小型でタフな硬派モデル。
  • 野性味あふれる焚き火台。気鋭「ノーボックス」の小型でタフな硬派モデル。
  • 野性味あふれる焚き火台。気鋭「ノーボックス」の小型でタフな硬派モデル。
Tags

オススメアイテム

RANKING

SNAP

MEMBERS

GO OUT ID GO OUT IDとは?

WEBニュースのメールマガジン登録はこちら

STORE

RECOMMENDED ITEM

MAGAZINE

BESSの家〜お宅訪問編〜
電子書籍の購入はこちら
thegoout