トリパスプロダクツの焚き火台が大型化! 加工技術の限界に挑戦した、造形美も魅力。

平面のプレートを組み上げることで鹿の角をイメージさせる芸術的なフォルムが完成するTRIPATH PRODUCTS(トリパスプロダクツ)の焚き火台「GURU GURU FIRE(グルグルファイヤー)」に、シリーズ最大サイズにして最高峰のモデルが登場した。

TRIPATH PRODUCTS「GURU GURU FIRE(L)」¥39600

「グルグルファイヤー(L)」は、Mサイズの約1.25倍となるシリーズ最大サイズの焚き火台。薪をこれまで以上に多く投入することができるので、火力がアップし、大人数で迫力のある焚火を楽しむことができる。

また、サイズアップにともなって、脚部と灰受けの高さが変更されているので、芝生等の地面へのダメージも軽減できる。

さらに、注目したいのがツノ部分やリング、灰受けに施された有機的な模様。加工技術の限界に挑戦した精巧なデザインが施されていて、グルグルファイヤー最高峰にふさわしいモデルになっている。

また、これまでのモデルでは薪置きとして使えるようになっていた上蓋がサイドテーブルとして使えるようにバージョンアップ。

もちろん機能美にこだわるトリパスだけに、ただのサイドテーブルではなく、ゴトクが備え付けられていて、ダッチオーブン等の熱を持った調理器具を置くことが可能。さらにサイドテーブル中央のゴトク部分にはOD缶がジャストフィットする仕様になっている。

「グルグルファイヤー(L)」は2021年7月15日(木)に発売予定となっている。

【SPEC】
組立サイズ:幅510×奥行510×高さ845mm
収納サイズ:幅438×奥行431×厚さ48mm
本体重量:10kg
素材:黒皮鉄板
ツノ部分耐荷重:10kg
サイドテーブル耐荷重:10kg


(問)トリパスプロダクツ事業部 tel:0133-73-8585 https://products.tripath.co.jp/

 

  • トリパスプロダクツの焚き火台が大型化! 加工技術の限界に挑戦した、造形美も魅力。
  • トリパスプロダクツの焚き火台が大型化! 加工技術の限界に挑戦した、造形美も魅力。
  • トリパスプロダクツの焚き火台が大型化! 加工技術の限界に挑戦した、造形美も魅力。
  • トリパスプロダクツの焚き火台が大型化! 加工技術の限界に挑戦した、造形美も魅力。
Tags

オススメアイテム

RANKING

SNAP

MEMBERS

GO OUT ID GO OUT IDとは?

WEBニュースのメールマガジン登録はこちら

STORE

RECOMMENDED ITEM

MAGAZINE

BESSの家〜お宅訪問編〜
電子書籍の購入はこちら
thegoout