直火に肉薄する、UFO型の個性派焚き火台に注目! 焚き火の達人が送る、渾身作。

燃焼効率の良さやコンパクトさ、機能性などを求めるこれまでの焚き火台とは全く違うベクトルの個性派焚き火台が誕生。焚き火本来の楽しみ方を味わえる「TAKIBISM(タキビズム)」の焚き火台に注目だ。

タキビズムは「焚火カフェ」を主宰する寒川一さんと香川県の槙塚鉄工所が立ち上げた焚き火ブランド。焚き火とともに生きる寒川さんが長年温めてきたアイデアを詰め込んだ焚き火台「Real firestand JIKABI(リアル ファイヤースタンド ジカビ)」は、その名前の通り「直火」に近い焚き火が楽しめるのが特徴だ。

TAKIBISM「Real firestand JIKABI」<Lサイズ> ¥33000

ステンレス製のパンの周りをワイヤーが囲む形状で、逆さにするとUFOの様なユニークなフォルムが特徴的。一般的な焚き火台と比べて高さが低くなっていて、直火に近い感覚で焚き火が楽しめだけでなく、他の焚き火台にはない足元の暖かさを追求した設計になっている。

特徴的な外周のデザインは、ワイヤー部分をつかむ以外にも石を積んで風防にしたり、熱くなった石の上にケトルを乗せて保温ゾーンにしたり、湿った薪を乾かしたりにも使うことができる。石や薪など自然物で囲ってしまって焚き火台が見えないようにすれば、まるで直火のようにカモフラージュすることも可能だ。

また、三角柱の形をしたトライアングルが付属していて、五徳としてやかんを載せたり、薪を立てかけて高さを出したりすることもでき、まさに直火を再現できるような新しい焚火台となっている。

TAKIBISM「Real firestand JIKABI」<Sサイズ> ¥22000

グループで囲めるように円形のLサイズと、ソロ用のSサイズがあり、Sサイズはコクピットのように使えるワイヤーが一部開いたデザインになっている。

燃焼効率が良く勝手に燃やしてくれるような焚き火台ではないが、火を起こして育てる楽しみを味わえる焚き火台に仕上がっている。

【SPEC】
<Sサイズ>
サイズ:直径 310 x 55mm(パンの直径 230mm、取り外し不可)
重量:約720g (本体のみ)
素材:ステンレス

<Lサイズ>
直径 500 x 80mm (パンの直径 310mm、取り外し可能)
重量 約2000g (本体のみ)
素材:ステンレス


(問)アンプラージュインターナショナル tel:072-728-2781 https://www.uneplage.net/

 

Tags

オススメアイテム

RANKING

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

SNAP

ARCHIVE

GO OUT ONLINE

RECOMMENDED ITEM

MAGAZINE

BESSの家〜お宅訪問編〜
電子書籍の購入はこちら
thegoout