ULで名高いゼログラム初のトレッキングシューズは、街も山もOKのグッドバランス。

Yasuo Sato

2012年に誕生した韓国のアウトドアブランド「ZEROGRAM(ゼログラム)」はUL(ウルトラライト)に特化しており、機能性とデザイン性を兼ね備えたギアとしてハイカーから支持されている。

そんなゼログラムはウエアにも力を入れていたが、この度ブランド初となるトレッキングシューズが満を持してデビュー! LOWとMIDの2種を7月22日(金)からラインナップする。

Table Of Contents : 目次

アーバンアウトドアにもおすすめなルックス。

El Chalten Trekking Shoes LOW ¥23100

アッパーにエンジニアードメッシュを採用したローカットモデルは、適度に熱を逃がして蒸れを防止。カラバリ展開もサファリ、ブラックとシンプルだからコーデしやすく、軽登山からタウンユースまで幅広く活躍。重量は約400g。

ストレスフリーの登山を満喫

El Chalten Trekking Shoes MID ¥33000

中長距離トレッキングから登山まで使えるミドルカットシューズ。天然ヌバックのアッパーは質感も良く、4レイヤーの防水・透湿メンブレンなどで抜群の履き心地を実現! 耐水圧は20000mm以上となっている。重すぎず軽すぎず足への負荷が少ない重量(約550g)とし、ストレスのないトレッキングが楽しめる。

重すぎず軽すぎない脚への負荷が少ない適度な軽量性、脚が地面に着いた時の安定感でストレスの少ないトレッキングが目指せる。特に石や岩壁が多いトレイルで歩きやすさを発揮。

アウトソールとインソールにも注目!

両シューズともにアウトソールは接地面積が広いビブラムのメガグリップを採用して安定性とグリップ力を両立。これにクッション性と通気性に優れるOrtholiteインソールを組みあわせて疲労感を軽減させている。とくに石や岩壁が多いトレイルで歩きやすさを発揮し、ルックス、機能ともにバランスが取れているのがポイント。

テントやシュラフ、バッグパックなどでコアな層から高い人気を獲得しているゼログラムだけにシューズづくりも抜かりがない。エル・チャルテンと代表作のテントと同じ名を冠しているだけあり、ビギナーからベテランまで納得のいく仕上がりだ。


(問)ゼログラム tel: 03-6630-3228 www.zerogram.co.jp/

Tags
Yasuo Sato

オススメアイテム