秋の極選14選。絶対欲しくなる、今季の注目アイテムをピックアップ!

朝晩は長袖やアウターが活躍する気候になってきて、いよいよ秋のアウトドアファッションの本番スタート!ということで、数ある新作たちのなかから、おしゃれ&アウトドアなキブンを盛り上げる、スペシャルな14アイテムをセレクトしてまいりました!

Table Of Contents : 目次

01.薄手ながら防水性に優れた軽量フィールドジャケット。

NORRØNA
OSLO GORE-TEX FIELD JACKET ¥63800

レインウエアとしても使えるハイレベルな防水透湿性を誇るフィールドジャケット。軽量で薄手なので、折り畳んでバッグに常備することもできる。北欧ブランドのNORRØNA(ノローナ)らしい洗練されたデザインも魅力。

(問)フルマークス tel:045-228-9900 https://www.fullmarksstore.jp/

 

02.グラミチ初のゴアテックスを採用した傑作コラボ完成!!

nonnative × GRAMICCI
CLIMBER EASY PANTS N/P RIPSTOP STRETCH WITH GORE-TEX INFINIUM 各¥38280

nonnative(ノンネイティブ)GRAMICCI(グラミチ)の名作コラボパンツに、ゴアテックス インフィニアムを採用したモデルが登場。撥水性と透湿性、防風性を備えながらも、タウンユースで活躍するスタイリッシュなシルエットと穿き心地を追求している。

(問)ベンダー tel:03-6452-3072 http://vendor.co.jp/

 

03.定番ヌプシシリーズに、内外兼用モデルが仲間入り。

THE NORTH FACE
Nuptse Down Mule 各¥9900

THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)が手がける、冬の定番のヌプシブーティのミュールタイプに、室内と屋外で兼用履きできるモデルが仲間入り。ダウンならではの保温性を備え、リビングやテント泊からワンマイルまでオールマイティに活躍。

(問)ザ・ノース・フェイス オルター tel:03-6427-1180 https://www.goldwin.co.jp/tnf/

 

04.EG新定番のカバーベストをキルティング素材で再構築。

ENGINEERED GARMENTS×BARBOUR
POP QUILTED VEST ¥25300

ENGINEERED GARMENTS(エンジニアド ガーメンツ)の新定番のカバーベストを、BARBOUR(バブアー)らしいキルティング素材で仕上げた逸品。片側の肩と腰にセットされたスナップボタンで素早く脱ぎ着でき、フロントのポケットにはハンドウォーマーも搭載されている。

(問)ネペンテス tel:03-3400-7227 https://nepenthes.co.jp

 

05.アウターとして羽織れる、新感覚のダウンショール。

CAL O LINE×NANGA
PACKABLE DOWN SHAWL ¥31900

前留めできるスナップボタンやハンドポケットを備えたCAL O LINE(キャルオーライン)NANGA(ナンガ)のコラボダウンショールは、アウター感覚で羽織れる便利なアイテム。さらに膝掛けとしても使える絶妙なサイズ感。スタッフサックもセットになっている。

(問)ユナイトナイン tel:03-5464-9976 http://unitenine.jp/

 

06.ブランド20周年を記念してスペシャルコラボを展開!!

is-ness×Hombre Nino
FLEECE CREW NECK ¥24200

is-ness(イズネス)がブランド20周年を記念して、Hombre Nino(オンブレ ニーニョ)とのコラボアイテムを発表。斜めに装備されたポケットがアクセントになったクルーネックは、1枚でも主役になるさすがの仕上がり。

(問)イズネス オンライン ショップ https://isness.theshop.jp

 

07.倒れても漏れない構造で、電子レンジにも対応する。

AlexanderLeeChang
NYANCOFFEE TUMBLER 各¥2970

AlexanderLeeChang(アレキサンダーリーチャン)が手がける、架空のコーヒーショップ「ニャンコーヒー」のオリジナルタンブラー。不意に落としたり倒したりしても中の飲み物が漏れないつくりで、二重構造ながら電子レンジに対応してくれる使い勝手に優れたアイテム。

(問)チャング tel:03-6804-7704 https://alexanderleechang.com/

 

絶対欲しくなる極選品の続きをチェック!

 

12 >
Tags
GO OUT編集部