ガバっと開いて使いやすい、バッハの人気ダッフルバッグに新色が追加。

Yasuo Sato

40年以上の歴史を持つスウェーデンのバッグメーカーBACH(バッハ)。北欧ブランドならではの洗練されたデザインと気の利いた機能性を兼ね備えたバックパックはもはや定番となっているが、最近では間口が大きく開く革新的なダッフルバッグ「Dr.Duffel」が人気沸騰中だ。

そんな話題のダッフルバッグに今季、新色が仲間入り。オータムシーズンに馴染む落ち着いたカラーリングでこれからの時期のお出掛けにうってつけの一品となっている。

Dr.Duffel 30L ¥18150/Dr.Duffel 40L ¥20900

「Dr.Duffel」は、ガバっと間口が大きく開くので、アウトドアギアを入れたり、ガジェットケースとしても便利な革新的なダッフルバッグ。また、ショルダーハーネスも内蔵されており、ダッフルバッグながらもバックパックのように背負うこともできるのが特徴だ。

 

このDr.Duffelには容量30L、40L、70L、110Lの4種類が存在する。中でも小回りの効く30Lや40Lサイズは1泊から2泊程度のちょっとしたお出掛けにも使いやすく、人気のサイズだ。

今季はそんな機能的ダッフルに秋のフィールドにも溶け込むナチュラルなカラーが追加されたわけだ。

ショルダーハーネスには、チェストストラップも用意され、背負っている際にもずれにくくなっている。

従来のブラック、イエロー、レッド、グリーンに続いて登場したのは「サンドベージュ」。落ち着いたトーンで普段使いもしやすく、いざアウトドアへ繰り出せばフィールドとの相性もよく、キャンプサイトにも馴染んでくれそうだ。

サイズは30LがW50cmxD30cmxH20cm、40LがW54cmxD34cmxH22cm。

先述した通り、お医者さんが持ち歩くドクターバッグのように間口がガバッと開くうえ、フレーム入りなので開いた状態をしっかりとキープしてくれるから、キャンプギアの収納にお役立ちなのだ!

ボディは耐久性のあるコーデュラナイロンを採用し、撥水加工(HeiQ Eco Dry)が施されているため水場でも臆せずに使える。

従来の機能性や革新的なデザインはそのままに、カラーバリエーションを拡充されたバッハの「ドクターダッフル」。ますます目が離せない!


(問)バーリオ tel:075-354-6604 http://www.barriojapan.com/bach.html

 

Tags
Yasuo Sato

オススメアイテム