冬キャンプな、愛車拝見。#2

2022年12月9日〜11日に開催されたゴーアウトキャンプの会場となったふもとっぱらには、 冬の寒さに負けない外遊び好きたちが大集合。そんな玄人キャンパーたちの相棒でもあるジブン好みにカスタムしたアウトドアなクルマをご紹介。

国産SUVにフォーカスを当て紹介した#1に続き、今回は鮮やかカラーなクルマをピックアップ。特徴的なカラーリングながら、ちゃんとおしゃれなクルマに要注目!

Table Of Contents : 目次

【91 MERCEDES-BENZ TRANSPORTER】キャンプ仕様にD.I.Y.中な四角いトランスポーター。

埴原俊哉さん/会社員

イエローカラーが目を引く通称「ベントラ」と呼ばれる大きな商用車は、愛知県一宮市にあるオールドカーが得意な石田自動車紹介で購入したもの。広い車内は、板張りフロアやスチールラックの設置など、車中泊仕様にD.I.Y.の真っ最中。ビンテージ風のライトを取り付けるなど、細部までこだわりを詰め込んでいるそうだ。

「妻がキャンプ初心者なので、屋根がある方が安心して寝られると思うんですよね。キャンピングカーの電気システムを積み込んだので、オートキャンプも快適に楽しめるはずです(笑)」。

こちらの愛車スタイルをもっと見る>>

【21 PEUGEOT RIFTER GT】フル乗車でも積載量十分なワイルド系フレンチ商用車。

小泉 敦さん/会社員

リフターへの乗り換えをきっかけに、キャンプすっかり夢中になったという小泉さん。使い勝手のいいサイズ感なので、日常の足としても大活躍しているそうで、これまでメイン使いしていたセダンよりも乗っている回数が多くなるほどリフターに夢中なご様子。

「たっぷりギアを積載しても天井が高いので車内は広々。このサイズのフランス車を乗り比べたときにイチバンしっくりきました。無骨なルックスも気に入っています。内装にあれこれ言う人もいるみたいですけど、車両の価格帯から考えれば、よくできていると思いますね」。

こちらの愛車スタイルをもっと見る>>

【’22 PEUGEOT 308グリーン】のボディカラーが鮮やかな猫足ハッチバック。

おすぎゅんさん/会社員

初めて買った愛車の乗り心地が忘れられず、プジョーに戻ってきたと言うおすぎゅんさん。大型のルーフレールは純正オプション。趣味の自転車積載用アタッチメントを取り付けやすく、インパクトのあるスタイルがお気に入りポイントだそう。

「フィールドによって持ち込む自転車が違うので、汎用性の高い屋根上の積載が一番便利ですね。猫足と呼ばれる独特な乗り味がやっぱり気持ちいいし、アイコクピットと呼ばれる運転席のレイアウトは長時間の運転も快適なので、少し遠くまでのドライブが楽しいです」。

こちらの愛車スタイルをもっと見る>>

【22 JEEP WRANGLER SAHARA】変わらないルックスと進化した性能が魅力。

NOL NOL BROTHERSさん/会社員

基本コンセプトが変わらないタフなルックスと、進化し続けているスペックが魅力と話すラングラーは、今年ラインナップに追加となった新色のスナッツベリー。シープでは定番カスタムなスミティビルドのラックは、弟さんと2人でなんとか持ち上げてジブンたちで取り付けたそう。

「ボディーカラーは3歳の息子がとても気に入っていたので、即決しました。思いの外、ラゲッジに荷物が入らないので、大きめのカーゴが大活躍しています。来年の春くらいには、息子とドライブを楽しみながらキャンプデビューさせたいと考えています」。

こちらの愛車スタイルをもっと見る>>

Tags
GO OUT編集部