VOLVOの最新PHEVに乗って、エンジン+モーターのフィーリングと、森のグラン・オーベルジュを味わう。

北欧スウェーデンの自動車メーカー「ボルボ」といえば、240シリーズでおなじみですが、1924年の創業以来、安全性を重視したクルマづくりを続けており、その次なる目標が、乗員の安全だけでなく地球環境も守るということ。今年デビュー予定のフルEVのC40を皮切りに、2030年までに全モデルをEV化し、完全な電気自動車メーカーになることを掲げています。

そんなボルボの最新プラグインハイブリッド車となる、コンパクトSUVの「XC40 Recharge」に乗って、東京から初夏の軽井沢までロングドライブに行ってまいりました!

エンジン+電気モーター搭載の、北欧流コンパクトSUV。

1.5Lターボと電気モーターを組み合わせたプラグインハイブリッドモデルで、リフトアップされた地上高、SUVらしい姿を体現するプロポーション、そしてスタイリッシュな佇まいが北欧メーカーらしい!!

外部充電機能なしの48Vハイブリッド車に続き、EV過渡期の現在に適したパワートレインといえるPHEVを搭載した、日本市場の本命モデルといえる1台なのです。

外部充電機能を備える、プラグインハイブリッド車。

「XC40 リチャージ」は、ガソリンエンジンと電気モーターを搭載し、外部充電機能も備えたPHEV車。目的地の「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」にある、おしゃれな充電設備でチャージしてみました。200V 16Aの普通充電システムなら2.5〜3時間でフル充電が完了。充電電力使用時の総走行距離は45.6kmなので、毎日の通勤など日常的な乗り方ならEV走行だけでまかなえるほど。

EV走行時は走り出しの滑らかな発進と、常用速度で体感できるモーターの走行フィールが味わえるほか、走行音も静かなので、住宅街での深夜や早朝の移動に最適。ガソリンを使わないので、フィールドではCO2排出ゼロの自然環境に配慮した走行といえることもポイントです。

また、バッテリー残量が少なくなったり、高速道路で加速が必要なときにはエンジンが始動します。とはいえ、その切り替えもスムーズかつ静かなので、乗っている分にはエンジンが始動しているとは気づかないほど(笑)。走行中にバッテリー充電してくれるChargeモードもあるので、ロングドライブも安心でした!!

通常走行時に最適なHybrid、エンジンと電気モーターのパワーをフルに引き出すPower、電気モーターのみで走り排出ガスを発生しないPureなどの各ドライブモードはセンターディスプレイで設定。高速道路走行中などにバッテリー充電できるChargeモード、バッテリー残量をキープしてくれるHoldモードもあります。
電気モーター搭載車ならではのデジタルメーターパネル。バッテリー残量、Charge、Holdのモード状況なども確認可能。

スタイリッシュなデザイン、使い勝手いいユーティリティにも注目。

北欧仕込みのクルマということで、随所にボルボらしさを感じるデザインはもちろん、日本車のように細かなところまで使い勝手のよさにこだわっている、便利なユーティリティ性も好印象。

本革巻ステアリング、助手席前のウッドパネル、センターディスプレイなど北欧デザインで仕立てられたコックピット。乗り込んだ瞬間にボルボらしさを味わえます。
スウェーデン伝統のクリスタルを採用し、熟練のガラス職人が手作業で仕上げたシフトノブ。オレフォス社のアイコンである雷鳥が描かれています。トランスミッションは電子制御の7速DCT。
運転席、助手席ともに8ウェイ電動の本革シート。その横にさりげなく施されたスウェーデン国旗のピスネーム。
60:40分割可倒式のリアシートはラゲッジルーム側からの操作で倒せて、ラゲッジ横には12Vパワーソケットを装備。
スイッチ操作でヘッドレストも前に倒れるので、フラットにしたいときにヘッドレストを外さなくてもいいのが便利。
電動テールゲートにはキーを持った状態でバンパー下に足を差し入れると自動で開閉するハンズフリー機構も。
左は充電ケーブル用のバッグ。右は非常用の持ち出しアイテムが入ったボルボ仕様の防災バックパック。

いまのボルボの電動化技術を味わうなら格好のモデル!!

VOLVO XC40 Recharge Plug-in hybrid T5 Inscription
衝突回避・被害被害軽減ブレーキシステムなど世界最高水準を誇る先進安全・運転支援機能を標準装備。
【SPEC】全長4425×全幅1875×全高1660mm ホイールベース2700mm 車両重量1810kg 1.5リッター直列3気筒ターボチャージャーエンジン+電気モーター エンジン最高出力132kW(180ps)/5800rpm 最大トルク265Nm(27.0kgm)/1500-3000rpm モーター最高出力60kW/4000-11500rpm 最大トルク160Nm/0-3000rpm 燃料消費率WLTCモード14.0km/L 駆動方式FF 車両本体価格649万円〜

普段の通勤など街中ではEV走行だけという選択なら、ガソリン代がかからないので経済的。週末の外遊びなどのロングドライブでは、エンジン併用のハイブリッド走行が可能なので、バッテリー残量を気にする必要もありません。

北欧仕込みのスタイリッシュなSUVスタイルが、街でもフィールドでも映える1台。今回の東京〜軽井沢のテストドライブで、最新のボルボの底力を感じることができました。

(問)ボルボ・カスタマーセンター www.volvocars.com/jp

次ページに続きます

12 >
Tags

RANKING

SNAP

MEMBERS

GO OUT ID GO OUT IDとは?

WEBニュースのメールマガジン登録はこちら

STORE

RECOMMENDED ITEM

MAGAZINE

BESSの家〜お宅訪問編〜
電子書籍の購入はこちら
thegoout