新型メルセデス・ベンツGLAが日本上陸! 車高アップ

■クーペクロスオーバーテイストでスタイリッシュに

メルセデス・ベンツは、2代目となる新型GLA、ブランニューモデルである新型GLBを2020年6月25日に同時発表しました。共にプラットフォームは、Aクラスなどと同じ「MFA-Ⅱ」モジュラープラットフォームが使われていて、新型GLAは都市型SUV、新型GLBは、3列7人乗りが採用された広いキャビンが特徴です。

納車は今年7月からの見込みとなっています。

新型メルセデス・ベンツGLAが日本デビュー

ここでは新型GLAについてお届けします。

メルセデス・ベンツは、日本車も含めて最も多いSUVラインナップを誇っています。初代はAクラスのハッチバックをクロスオーバー化し、1550mmの立体駐車場にも入庫できる全高でした。

都市部での高い機動力を確保する一方で、最低地上高は150mmとSUVとしては物足らなかったのも事実。基本的には、街乗り中心のユーザーを獲得していたはずです。

新型GLAのリヤビュー

新型GLAは、一転して最低地上高を200mmまで高め、前席の着座位置も先代よりも97mm高くなり、高いアイポイントを得ています。なお、着座位置はAクラスよりも140mm高く、Bクラスに対しても52mm高くなっているそう。

■SUVらしいフォルムとディメンションに

当然ながら全高も高くなり、スリーサイズは全長4415×全幅1835×全高1620mmと、日本に多い1550mm以下の機械式立体駐車場などには入庫できなくなっています。それでも全幅は1850mm内に収まっていますから、マンションなどに多い大半のパレット式には入庫できるはず。

新型GLAのイメージ

ボディの大型化、背高化により、ロードクリアランスが高まっただけでなく、パッケージ面の大幅な改善が図られています。

後席の足元空間は標準状態で先代よりも116mm延長され、広い後席空間を確保。140mmのスライドが可能なので、荷物に応じて後席の位置決めが可能に。

さらに、後席背もたれの角度は7段階の調整が可能で、好みや体型に応じて設定できます。後席は40:20:40分割可倒式で、荷物と乗員に応じたアレンジができます。

新型GLAのリヤまわり

エクステリアは、クーペの要素も感じさせる丸みを帯びたフォルムが目を惹きます。フロントマスクは、クローム仕上げのアンダーガード、2本のパワードームを備えたボンネットがSUVらしい力強さを強調。

ラジエーターグリル内には、メルセデス製SUVに共通する特徴的なデザインのルーバーが配されていて、ひと目でメルセデスのSUVと分かるはず。また、天地に薄いシャープなヘッドライトは、抑揚の効いた意匠になっていて、新型GLAのスタイリッシュな雰囲気を強調しています。

新型GLAのエクステリア

サイドビューは、力強いショルダー部と、クーペのような流麗なルーフラインが特徴。小さなグラスエリアもあってクーペクロスオーバーのムードが印象づけられています。また、サイドシルまでを覆うドアは高い乗降性を備えと同時にドア開口部と乗員の衣服が汚れるのを防ぎ、側面衝突時の保護性能を高める役割を担っています。

 

インテリアは、メーター上方のカウルが廃止され、5つの円形エアアウトレットが配されるなど、現行Aクラスからの流れが踏襲されていて、モダンでスポーティな雰囲気が漂います。

新型GLAのインテリア

搭載されるエンジンは2.0Lの直列4気筒ディーゼルターボエンジンで、150PS/320Nmというアウトプット。組み合わされるトランスミッションは、8速デュアルクラッチトランスミッションの「8G-DCT」になります。

導入時のエンジンは、2.0Lディーゼルターボ

導入時は「GLA 200 d 4MATIC」 の1グレードのみ。4WDシステムの「4MATIC」は、ダイナミックセレクトのスイッチ操作で基本の前後トルク配分比を可変させることが可能。

四輪駆動クラッチを制御する特性マップは3つ用意され、一般的な走行状況における基本的な前後トルク配分比は、「ECO/コンフォート」が「80:20」、 「スポーツ」では後輪のトルク配分が増して「70:30」になるそう。

新型メルセデス・ベンツGLAのラゲッジスペース

さらに「オフロード」モードにするとトルク配分やABSの制御により、悪路走破性が向上。加えて、マルチビームLEDヘッドライトが車両の直前部を広く明るく照らすモードになります。

また、雪上や凍結路などの急な下り坂を2km/hから18km/hの間で設定した一定の速度で降りるDSR(ダウンヒルスピードレギュレーション) も備わります。

新型メルセデス・ベンツGLAのリヤシート

そのほか、「インテリジェントドライブ」と呼ぶ最新の安全装備や対話型インフォテインメントシステム「MBUX」、テレマティクスサービスも採用され、最新装備による快適なドライブが可能。新型「GLA 200 d 4MATIC」の価格は502万円です。

(塚田勝弘)

その他クルマに関する記事なら、姉妹サイト「クリッカー」をチェック!! https://clicccar.com/

 

Tags

RANKING

SNAP

MEMBERS

GO OUT ID GO OUT IDとは?

WEBニュースのメールマガジン登録はこちら

STORE

RECOMMENDED ITEM

MAGAZINE

BESSの家〜お宅訪問編〜
電子書籍の購入はこちら
thegoout