SUVテイストな人気軽ワゴン 三菱・eKクロスに、より力強い特別仕様車が登場。

高速道路での運転を支援する「マイパイロット」「デジタルルームミラー」を標準装備。

三菱eKクロスの特別仕様車の「T Plus Edition」。

日産との協業で生まれたeKワゴン、eKクロス。とくに、三菱自動車らしさが追求された軽ハイトワゴンであるeKクロスは、指名買いも多いようです。

また、姉妹サイトクリッカーで以前紹介しているように、「オートカラーアウォード2019」の特別賞をボディカラー「サンドイエローメタリック×ホワイトソリッド」「ナチュラルアイボリーメタリック×サンシャインオレンジメタリック」、インテリアカラーは「ブラック&タン」が受賞しています。

広いキャビンとラゲッジを備えながら流行のSUVテイストが付加されたeKクロスに、特別仕様車の「T Plus Edition」が設定され、2019年12月25日から発売されました。

「T Plus Edition」に標準装備された「マイパイロット」

最量販グレードでターボ車の「T」をベースに、人気装備である高速道路同一車線運転支援技術「MI-PILOT(マイパイロット)」と電動パーキングブレーキ、後方の視認性を高める「デジタルルームミラー(マルチアラウンドモニター表示機能付)」を標準装備。また、リヤバンパーのシルバーアクセントがブラックになっています。

なお、「MI-PILOT(マイパイロット)」は、ネーミングからも分かるように、日産の「プロパイロット」と同じ技術・装備。「T Plus Edition」は、NAよりも力強い走りが可能なターボモデルですから、「マイパイロット」を使った高速巡航も容易にこなしてくれます。

三菱eKクロスのリヤビュー。

さらに、専用ディーラーオプションパッケージとして、「T Plus Editionコンプリートパッケージ」が設定されています。

パッケージ内容は、「フロントバンパーガーニッシュ(ブラックマイカ)」「テールゲートガーニッシュ(ブラックマイカ)」「サイドデカール(ブラック/シルバー)」からなり、前後をブラックに統一することで、三菱eKクロスの精悍さをより高めるとともに、SUVらしいエクステリアがより強調されています。価格は2WDが1,820,500円、4WDが1,952,500円です。

(塚田勝弘)

その他クルマに関する記事なら、姉妹サイト「クリッカー」をチェック!! https://clicccar.com/

 

Tags

RANKING

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

SNAP

ARCHIVE

GO OUT ONLINE

RECOMMENDED ITEM

MAGAZINE

BESSの家〜お宅訪問編〜
電子書籍の購入はこちら
大人の宝物 ペルル