三菱エクリプス クロスに特別仕様車「ブラックエディション」が登場!

GO OUT編集部
エクリプス クロス ブラックエディション

三菱自動車はこのほど、クロスオーバーSUV「エクリプス クロス」にブラックのアクセントカラーを内外装の要所に配した特別仕様車「ブラックエディション」を設定するとともに、グレード展開の見直しや機能装備の充実などの一部改良を実施したと発表。「M」と「Gリミテッドエディション」は11月10日(木)から販売開始され、その他のグレードは2023年2月16日(木)からの販売が予定されている。

Table Of Contents : 目次

ガソリン車のみだった「Gリミテッドエディション」がPHEVモデルにも設定。ガソリン車には「マイパイロット」を新たに採用

エクリプス クロス ブラックエディション

三菱自動車はこのほど、クロスオーバーSUV「エクリプス クロス」にブラックのアクセントカラーを内外装の要所に配した特別仕様車「ブラックエディション」を設定するとともに、グレード展開の見直しや機能装備の充実などの一部改良を実施したと発表。「M」と「Gリミテッドエディション」は11月10日(木)から販売開始され、その他のグレードは2023年2月16日(木)からの販売が予定されている。

特別仕様車「ブラックエディション」は上級グレードの「P」をベースに、ブラックをアクセントとした上質かつスポーティな内外装を採用しているのが特徴。エクステリアでは、スキッドプレート(フロント/リヤ)、サイドドアガーニッシュ、ドアミラーをブラックで統一するとともに、専用ブラック塗装のアルミホイールを装着する。

エクリプス クロス ブラックエディション

インテリアでは、メーターベゼルとセンターパネルガーニッシュをブラックに、ドアグリップとインストルメントパネルオーナメントをダークシルバーとし、さらにシートやドアアームレスト、ディンプル付本革巻ステアリングホイールにグレー系のステッチを配することで、落ち着きのある上品な空間を演出している。

エクリプス クロス ブラックエディション

また、エレクトリックテールゲートを採用し、つま先をリヤバンパー下に出し入れするだけで開閉可能なハンズフリー機能や、ゲートが開く高さを任意に設定できる停止位置メモリー機能を搭載。荷物が多い日や雨の日など両手が塞がるような様々なシーンでの利便性を高めている。なお、エレクトリックテールゲートは、このたびの一部改良でリヤシートヒーターとともに「P」や「G」にも標準装備された。

エクリプス クロス ブラックエディション

このほか、今回の一部改良では、後席充電用USBポートを新たに採用(P/G/ブラックエディション/Gリミテッドエディション/PHEVモデルのMに標準装備)したほか、ガソリンモデルに設定されていた「Gリミテッドエディション」をPHEVモデルにも設定。Gリミテッドエディションは、高速道路同一車線運転支援機能「マイパイロット」やLEDヘッドライト&フォグランプなどを装備し、快適性・利便性を向上させながら、求めやすい価格設定とした特別仕様車だ。

エクリプス クロス ブラックエディション

一方、ガソリンモデルでは、PHEVモデルに設定されていた高速道路同一車線運転支援機能「マイパイロット」を新たに採用した(P/G/ブラックエディション/Gリミテッドエディションに標準装備)。

●三菱自動車「エクリプス クロス」モデルラインナップ
【2.4ℓPHEV(4WD)モデル】
・M:386万3200円
・Gリミテッドエディション(特別仕様車):407万8800円
・G:433万7300円
・ブラックエディション(特別仕様車):465万800円
・P:465万800円
【1.5ℓガソリンターボ車】
・M:254万2100円(FF)/276万2100円(4WD)
・Gリミテッドエディション(特別仕様車):278万3000円(FF)/300万3000円(4WD)
・G:304万1500円(FF)/326万1500円(4WD)
・ブラックエディション(特別仕様車):330万円(FF)/352万円(4WD)
・P:330万円(FF)/352万円(4WD)
※価格は消費税込み

その他クルマに関する記事なら、姉妹サイト「モーターファン」をチェック!!

関連記事

Tags
GO OUT編集部