おしゃれキャンプサイトで発掘! キャンパーの間で密かに人気なクラシカルギア。

133 Shares

ミリタリー系やナチュラル系、グランピングスタイルにULスタイルなど、キャンプスタイルにも色々あるけれど、個性的なギアを求めておしゃれなテントサイトを巡っていると、どのサイトにもクラシカルなギアが必ず配置されていることを察知。おしゃれキャンプスタイルへの近道はクラシカルギアにあるのでしょうか?

先月行われたGO OUT CAMP vol.14で、レトロながら実用的なキャンプギアを拝見しました。

ウッドのボディが味わい深い、YAMAHAのカスタムスピーカー。

OWNER:Shutarooonさん

こちらは、YAMAHAの小型ギターアンプを改造することで、アイフォンも接続可能になったカスタムスピーカー。単一電池で駆動するため、ポータブルスピーカーとしてアウトドアでの使用にもうってつけ。

父親から譲り受けたものだということでかなりの年代ものだそうだが、まだまだ健在。傷の入ったウッドのボディとレザーのハンドルが、なんともクラシカルな味わいを放っていた。また、白樺を利用したスマホ置きもポイント。

インプットジャックをイヤホンジャックに変換したそうだが、実はこれ、特別機会に強くなくても案外簡単にできるカスタムなんだとか。コンパクトでハイスペックなBluetoothスピーカーが主流となるなか、使わなくなったアンプを再利用したこだわりのスピーカーでアウトドアミュージックを楽しむ姿勢には脱帽の一言。

Shutarooonさん御一行は、コットン素材採用の幕やウッド系のギアでまとめられ、ナチュラルな雰囲気のテントサイトを展開していた。

 

ウッド系ギアとも相性抜群のラグジュアリーなカーミットカバー。

OWNER:camp_and_starさん

いまやキャンプチェアの定番となった「カーミットチェア」。多くのブランドからオリジナルの座面カバーを取り付けたアレンジモデルが登場していますが、camp_and_starさんがチョイスしたのは、上質なレザーアイテムを展開するガレージブランド「ピノワークス」のクッション入りレザーモデル。

ウッドフレーム×レザーカバーが醸し出すクラシカルな雰囲気にクッションのボリューム感が相まって、ラグジュアリーなオーラを放っていた。また、テントサイトに多用されたウッド系ギアがそんな雰囲気をさらに高めていた。

ザ・ノース・フェイスの「ジオドーム 4」が印象的なcamp_and_starさんのテントサイト。大型のタープ下はロースタイルでまとめ、空間を贅沢に使用していた。

 

シンプル&レトロなルックスながら、バツグンの存在感を放つウッドコンテナ。

OWNER:KEN-1さん

KEN-1さんのテントサイトで発見したのは、角ばったファルムが可愛らしいウッドコンテナ。シンプルかつレトロなデザインながら、いかにもからくりがありそうなこちらは、井浦新氏がディレクターを務めるファッションブランドELNEST(エルネスト)から新発売となるD.I.Y.コンテナキット。

コンテナとして使うことはもちろん、蓋をスライドして開き別売りのウッド天板をセットすればちょっとしたテーブルとしても使用可能という優れもの。コットン幕やヴィンテージギアなどと相性がよく、テントサイトのコーディネートにも一役買ってくれそうだ。

こちらのコンテナについての紹介記事を追って掲載予定なので乞うご期待!

 

クラシカルなギアを取り入れてキャンプサイトをグレードアップ!

素材の質感や使用感など、クラシカルな味わいをみせるキャンプギアは、テントサイトを落ち着いた空間に演出してくれる大事な要素。おしゃれキャンパーさんたちはそんなギアを効果的に取り入れることで、自分の思い描く最良のキャンプスタイルを見事に表現していました。

自身のキャンプサイトに何か足りない、と思ったらクラシカルなギアを置くことでグレードアップできるかもしれません。

Photo/Sousuke Shimizu

Tags

133 Shares

RANKING

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

SNAP

ARCHIVE

GO OUT ONLINE

RECOMMENDED ITEM

MAGAZINE

BESSの家〜お宅訪問編〜
電子書籍の購入はこちら
大人の宝物 ペルル