夏のパンツといえば、コレ! パタゴニアのバギーズ・ショーツを徹底解剖!

522 Shares

すっかり暑くなり、そろそろショーツが恋しい季節。ショーツといえど、国内外のアウトドア&アパレルブランドからたくさんのモデルが登場していますが、ここではその中でも毎年絶大な人気を誇るpatagonia(パタゴニア)の「Baggies Shorts(バギーズ・ショーツ)」の魅力と全ラインナップ、着こなしをご紹介!

そもそも、バギーズ・ショーツってどんなものなの?

ブランド設立以来アウトドアシーンを牽引し続けてきたパタゴニアですが、その歴史を語る上で欠かせないアイテムのひとつが、このバギーズ・ショーツ。

アウトドアで必要な機能性と日常コーデにもマッチするファッション性を併せ持ち、1982年に登場してから今まで、サーフィンやクライミング、ゲレンデなどあらゆるアウトドアシーンで使われ、最近ではさらにフェス好きキャンプ好きたちを中心に高い人気を集めている傑作ショーツです。

2018年は生地がリサイクル素材に変更され、ますます目が離せません!

 

バギーズ・ショーツの、ここがいい。

毎年、夏を前に売り切れの続出するバギーズ・ショーツですが、まずはその人気の秘密について、3つのポイントから迫っていきます。

 

ポイント1:全アウトドアフィールドに対応可能な機能性。

バギーズ・ショーツの最大の特長は、何と言ってもその機能性にあり。耐久性と速乾性に優れたサイプレックス・ナイロン生地の採用と、DWR(耐久撥水)加工により、水の中でも使用可能。

また、裏地には速乾性のあるポリエステルメッシュライナーが配されているうえ、フロントポケットの角にも水はけのいいメッシュ素材があてられるなど、海から山まであらゆるアウトドアシーンに対応できる機能が満載されています。

さらに、2018年よりその素材をサイプレックス・リサイクル・ナイロンに変更したことで、環境に優しいエコな仕様となっている点も見逃せません。

 

ポイント2:シーンを選ばず活躍するデザイン性と、豊富なラインナップ。

機能性だけでなく、無駄のないデザインにより街着としても活躍するファッション性もバギーズ・ショーツの魅力のうち。

シンプルな単色モデルやコーデのアクセントとして活躍する総柄モデル、軽量素材を使用したコンパクト収納なモデル、街着にも合わせやすいロング丈モデルなど、カラーリング・素材・丈の異なるモデルが豊富にラインナップしており、シーンやスタイルに合わせた着こなしが楽しめるんです。

ここで紹介するメンズの他にも、ウィメンズやキッズにも多彩なバリエーションがあり、家族やカップルでお揃いのコーデだって楽しめます。

 

ポイント3:抜群の穿き心地は、フェスやキャンプにも最適。

高橋 裕一さん(35歳/会社員)@FUJI ROCK FESTIVAL ’16
ブラックでまとめたストリートスタイルに、バギーズ・ショーツやグレゴリーのバックパック、ピルグリム サーフ+サプライのサコッシュなどでアウトドア感をミックス。

上で述べたように、バギーズ・ショーツは速乾性に優れていて常にドライにキープしてくれるほか、どれも200g前後と軽量で、一日中動き回る野外フェスでもストレスのない快適な穿き心地を提供してくれる。

伸縮性のあるウエストバンドによりフィット調整も可能。また、UPF(紫外線防止指数)50+のUVプロテクションを備えているのも、日差しの強い夏には嬉しいところ。

アウトドアや街だけでなく、旅先やインドアでのリラックスウエアとしても活躍してくれるはずです。

 

次ページでは、全ラインナップをご紹介!

Tags

522 Shares

RANKING

  • Weekly
  • Monthly
  • Total

SNAP

ARCHIVE

GO OUT ONLINE

RECOMMENDED ITEM

MAGAZINE

BESSの家〜お宅訪問編〜
電子書籍の購入はこちら
大人の宝物 ペルル