コロンビアスタッフによる冬のコーディネートバトル! 人気スタイリストがガチ審査した結果。

pr
コロンビアスタッフによる冬のコーディネートバトル! 人気スタイリストがガチ審査した結果。

アメリカ生まれの名門アウトドアブランド「Columbia(コロンビア)」。この冬もオリジナルの反射蓄熱テクノロジーであるオムニヒートを、より暖かくムレにくい快適な着心地にアップデートした「オムニヒートインフィニティ」が話題となっている。

生地のライニングに配したドット形のオムニヒートリフレクティブにより、体温を反射して蓄熱するオムニヒート。オムニヒートインフィニティはオムニヒートリフレクティブの面積を拡大させ、熱反射率の上昇に成功した。通気性を確保するため、適度にスペースが空いているのもポイント。シルバーだった先代のオムニヒートからの進化を示すため、オムニヒートインフィニティはゴールドとなっている。
Table Of Contents : 目次

コロンビアの最新テクノロジーを取り入れたコーディネートバトルを開催!

オムニヒートインフィニティは、金ピカのライナーカラーが印象的な2021年にデビューしたばかりの最新テクノロジーだが、ジャケットやシューズなど、すでに80以上のプロダクトに採用されている。その豊富なバリエを生かし、コロンビアがInstagramにて販売スタッフによるコーディネートバトルを開催。#ohicodeのハッシュタグとともに全国から100人以上がエントリーした。

左/福田麻衣さん(スタイリスト) GO OUTをはじめレディスファッション誌等を中心に活躍。自宅でもアウトドアギアを活用するなど、キャンプやフェスなどを好む外遊び派。右/近藤有倫さん(スタイリスト) GO OUTやアウトドアブランドのカタログなど、さまざまなメディアで活躍する。ストリートにアウトドア、ドレスと幅広くメンズスタイリングを手掛ける。

そこで、今企画にあたっての審査員という名目で、GO OUTからは近藤有倫さんと福田麻衣さん、2人の人気スタイリストと共に独断と偏見でグランプリ=GO OUT賞を選出することに。

#ohicodeのハッシュタグ付きで投稿されたコーディネート画像から厳選。いずれもコロンビアの実力派スタッフだけあってハイレベルなスタイリングで、プロのスタイリスト2人もかなり真剣に悩まされた。

編集部「ひとまず、すべての#ohicode投稿をチェックして頂きましたが、いかがでしたか?」

近藤「男女問わずレベルが高くて困っちゃいました。ある程度のアイテム縛りがある条件なのに、サイジングや配色でちゃんとみなさんオリジナリティを主張していますし」。

福田「メンズはコーブトゥーストリームダウンジャケットの人気が高かったですね。でも、キャップやシューズといった小物使いが上手なので、みんな違いが出ていて面白かったです」。

お手本にしたいグッドスタイリングがたくさん!

コロンビア ららぽーと豊洲店 スタッフ/吉田さん  Newfound Dash 3way Earflap Cap ¥5830、Cove to Stream Down Jacket ¥35200、Chicago Avenue Fleece Top ¥12650、Chicago Avenue Fleece Pant ¥12100、Spinreel Miniboot II ADV WP OMNI-HEAT INFINITY ¥13750
コロンビア 京都店 スタッフ/毛利さん Salmon Path Cap ¥2530、Oak Harbor Insulated Jacket ¥19800、Floyd Rock Sherpa Fleece Shirt Jacket ¥23100、Muddy Sanctuary Pant ¥16500、Spinreel Miniboot II ADV WP OMNI-HEAT INFINITY ¥13750

近藤「外遊び好きの僕に刺さったコーデはやっぱりアウトドア感強めの、防寒性と動きやすさを備えるスタイルでした。酒井さんや毛利さんのように、ほんのりストリートなニュアンスが入っていると一層よかったです」。

コロンビア 渋谷店 スタッフ/西尾さん W Bulo Point Down Jacket ¥35200、Despair Bay Convertible Pant ¥14,300、SAPLAND II DIVA LACE WP OMNI-HEAT INFINITY ¥18920
コロンビア ラゾーナ川崎プラザ スタッフ/井上さん Kendrick Park Fur Flap Cap ¥5390、W Bulo Point Down Jacket ¥35200、W Chicago Avenue Long Sleeve Crew ¥7700、Forest to Sanctuary Fleece Romper ¥14300、Hazy Lazy OMNI-TECH ¥15400

福田「想像以上に女子の参加率高し! ダウンジャケットのサイジングやサロペットの合わせ方、色使いなどなど、西尾さんや井上さんのようにみんな自分らしさを主張しつつ洗練された雰囲気にまとめていて驚きました」。

参加者すべてのコーディネートをチェックし、これはと思った投稿にマーキング。編集部とスタイリスト2人の意見が一致した数名からさらに絞ってGO OUT賞を選出することに。

【GO OUT賞 メンズ】見事なレイヤード術を披露した、抜け感コーデ。

コロンビア京都店 スタッフ/野々村さん Preston Creek Short Knit Cap ¥4730、Cove to Stream Down Jacket ¥35200、Loma Vista Sweat Hoodie ¥12100、Chicago Avenue Fleece Top ¥12650、Muddy Sanctuary Pant ¥16500、Spinreel Moc WP ¥10450

編集部「まずは満場一致だったメンズのGO OUT賞ですが……」。

近藤「野々村さん! Tシャツにパーカ、フリース、ジャケットと、かなりレイヤードしているのにゴチャゴチャさせていないのはお見事。帽子とソックスをオレンジで揃えているのもさり気なくてニクいです」。

福田「上級者じゃないとできない、カラーバランスのよいレイヤード。トレンドのミリタリーテイストを漂わせつつ、冬キャンプ感まで演出していてイイ感じです」。

編集部「コーブトゥーストリームダウンジャケットは本当に支持率が高いですね。野々村さんみたいにトップスをグラデーションで合わせると、アーバンなイメージまで醸せて便利なのがわかります」。

【GO OUT賞 レディス】フィールドでウケること請け合いのメンズライクスタイル。

THE LIFESTYLE STORE by Columbia スタッフ/坂本さん Sickamore Bucket ¥4,730、Loma Vista Long Sleeve Sweat Crew ¥11,000、Despair Bay Convertible Pant ¥14,300、Bugaboot Celsius Wide ¥22880、Great Smoky Garden Shoulder ¥4,290

編集部「GO OUT賞のレディス編も全員の意見が揃いましたね」。

近藤「ゴーアウト目線じゃなくてもオシャレでしょう。フェスやキャンプでいたら可愛くてメチャクチャ目立つと思います」。

福田「メンズサイズのトップスとシューズがシャレ感を引き立てているし、バケットハットやバッグといった小物のアクセントが効いていますね。ハード系のショルダーバッグをネックポーチにしちゃうってアイデアにも脱帽です」。

編集部「ちなみに、近藤さんと福田さん、それぞれが個人的に賞を贈るとしたら?」

さり気ないアウトドア感が巧み! なスタイリスト近藤賞。

コロンビア ららぽーとtokyobay店 スタッフ/星野さん Newfound Dash 3way Earflap Cap ¥5830、Cove to Stream Down Jacket ¥35200、Chicago Avenue Fleece Pant ¥12100、Chadwick Cafe Bishu ¥11000

近藤「ボクは星野さんですね。キャップとアウターのコンビネーションが秀逸。パンツ裾の処理やフリースパンツにサンダルを合わせるハズし方なんかも抜け感がおしゃれ。なにより、ベーシックな色使いなのにしっかりアウトドア感出せているのがスゴいですよ」。

編集部「確かにカラーリングはかなり今っぽい。極端に細くも太くもない絶妙なシルエットも好感度高いですね」

ディテールのひと工夫でこなれ感を演出した、スタイリスト福田賞。

コロンビア ららぽーと新三郷店 スタッフ/西山さん Tanana Loop Down Jacket ¥37400、Straw Bay Pant ¥13200、Sapland II WP OMNI-HEAT INFINITY ¥19910、その他私物

福田「すごく迷ったけどアウターのボタンの留め位置や、タックインなどがこなれている西山さん。ホワイト系のコーデュロイパンツで土臭くなく、キレイに女の子らしく着こなしているのにも感心しました。ピアスとリングまでシルバーで統一していて、そもそもオシャレな人なんだろうなぁって」。

編集部「シンプルだけど一味違う、メンズも真似したくなる玄人感。悪目立ちさせないアクセサリー使いは見習いたいです」。

編集部「総勢100を超えるスタイリングを見てもらいましたが、お2人いかがでしたか?」

近藤「ド直球のアウトドアスタイルというより、ちょっとハズしを効かせたコーデが多くて、かなりハイレベルという印象でした。入賞者の方以外にもプッシュしたい人がたくさん居て、少し残念ではあります」。

福田「女子の健闘がすごかった! 高機能ウエアを力まず自然に取り入れるセンスはメンズ以上かも。私も参考にしたいと思います」。

編集部「かなり難しい審査でしたが、楽しかったですね。参加してくれたコロンビアのみなさんに感謝!」。

全国のコロンビア直営ショップから精鋭スタッフが参加した、オムニヒートインフィニティを取り入れたコーディネートバトル。彼らが身につけたアイテムは、各店舗はもちろん、下記公式サイトでも購入できるようなのでチェックしてほしい。

次回は、コロンビア原宿店に今回のメンバーで訪問。GO OUT賞の野々村さんと一緒に、オムニヒートインフィニティを使ったプロダクトをチェックしていく。記事はこちら

Photo/Dai Yamamoto


(問)コロンビア公式サイト https://www.columbiasports.co.jp/

Tags
Sachio Kanai