新進気鋭のキャンプギアブランド「トウキョウクラフト」が手掛ける、焚き火台の実力を体感!! 

pr
新進気鋭のキャンプギアブランド「トウキョウクラフト」が手掛ける、焚き火台の実力を体感!! 

大人気YouTubeチャンネル『タナちゃんねる』の代表であるタナ氏が、使うヒトにとってスペシャルで、いつまでも愛用できるキャンプギアを手掛けたいという、熱いこだわりで立ち上げた新進気鋭のアウトドアブランド「TOKYO CRAFTS(トウキョウクラフト)」。好評を集めているデビュー作に続き、すでに話題沸騰の焚き火台MAKULITEの魅力を、焚き火の達人にチェックしてもらいました。 

猪野正哉 焚き火マイスター

キャンプや登山にまつわるアウトドアコーディネーターやライターとして活動しつつ、プライベート スペースのたき火ヴィレッジ「いの」を運営するなど、焚き火の達人として、業界問わずに活躍。著書の『焚き火の本』 (山と溪谷社)も好評発売中。

ソロからグループのどんなシーンでも焚き火の炎と音、料理を満喫できる。 

軽量でコンパクトな設計でありながら、ソロでもファミリーでも使えるワイドサイズの火床を備える、トウキョウクラフト新作の焚き火台MAKULITE (マクライト) は、早くも先行予約分が完売するなど話題集中している注目作です。

「前作のKUBERU (クベル) とはコンセプトが違うけど、変わらずに機能的なつくりで薪が燃えやすいから、キレイな炎を楽しむことができますね。遠火と近火を使い分けできる焚き火料理での使い勝手の良さもいいカンジ。作り手のギアに対するこだわりを、しっかりとカタチにしている印象です」と、焚き火マイスターとして知られる猪野さんも納得の仕上がりでした。 

広めの火床で、さまざまなスタイルの薪を組める。 

火床パネルの傾斜と、前後のパネルが風防の役割を果たすので、効率的な薪の燃焼を実現し、熾火や灰が風で舞うのを軽減する。

焚き火料理のメニューに応じて、遠火と近火のポジションチェンジが可能。 

左の写真のように、熾火や炭でじっくり調理したいときは本体側面のパネルにゴトクを設置。右の写真のように、遠火で調理したいときや、薪を多めにくべて暖をとりながら調理したいときは、上のスタンドにゴトクを設置。「アウトドアスパイスも美味しいです(笑)」。
コンパクトに収納されたスリムな形状で携帯性バツグン。

半分に折りたたまれた火床を開いて、本体側面の2ヶ所とつなげるだけの3ステップで簡単に組み立て可能。「ステンレスの断面の仕上げも丁寧ですね」。
グループでも使えるサイズ感ながら794gの軽量設計。「片手で持てちゃうくらいの軽さ!!」。

ゴトクを上部のスタンドか下部の側面パネルに置くことで、火床との距離を調整できる。「ゴトクが 安定するように本体側のスタンドに刻んである溝など、細部にもこだわりが感じられます」。
ワイドな火床に備えた3つの梁を垂直荷重で支える堅牢なつくり。「太めの薪を自在に組めるところもポイント」。

コンパクトな軽量ボディに、ワイドで堅牢な火床を装備。 

マクライト ¥9878

軽量、スリム、コンパクトな機能面と、ワイドな火床がもたらす、薪を組むうえでの使い勝手の良さを両立した新作の焚き火台。本体とゴトクはステンレスSUS304製。本体重量794g、使用時サイズW36×D40×H32cm。※2022年4月以降発送予定

折りたたみ式の本体、側面パーツ2枚、ゴトクの3点セットで専用収納ケース付き。収納時サイズはW21×D40×H2.5cmでA4縦長のイメージ。横幅が狭く薄い形状なので、バックパックにも収納できる。

あわせて揃えたい、焚き火のお供的アイテム。

シェラカップ 上 ¥1280、中 ¥3190、下 ¥3800

上からステンレス、ブラック特殊加工のステンレス、高級感のある真鍮製のシェラカップも展開。底面にはブランドロゴとMADE IN JAPANのエンボス加工入り。

アウトドアスパイス 沁、滾 各¥980

素材にこだわり抜いたスパイス。左のSHIMは国産の鰹と昆布などを用いた本格和風で、右の TAGIは燻製黒コショウとガーリック含有で肉料理にオススメ。使い切れる容量も◎。 

難燃デニムグローブ ¥1650

燃えにくい難燃糸と、デニム生地の再生糸で編み込んだ風合いある手袋。クッション性のある ふっくらとした仕上がりで、ジーンズのような色落ちも楽しめる。便利なループ付き。

  • Photo/Keiichi Ito (Image) , Shouta Kikuchi (Item) 

(問)トウキョウクラフト info@tokyocrafts.jp https://tokyocrafts.jp 

 

Tags

RANKING

SNAP

MEMBERS

GO OUT ID GO OUT IDとは?

WEBニュースのメールマガジン登録はこちら

STORE

RECOMMENDED ITEM

MAGAZINE

BESSの家〜お宅訪問編〜
電子書籍の購入はこちら
thegoout